風南城(長崎県東彼杵郡川棚町) 

こんにちは、6月後半に入って雨が多くなってきました。今週末は残念ですが雨のため登城は難しそうです。


さて、ゴールデンウイークに登城した風南城をご紹介します。風南城は東彼杵郡川棚町の風南山の山頂に築かれた山城です。
後藤氏が大村領内への侵攻するための陣城である小峰城に対して、大村氏により築かれ、緊急時には山道、立岩、上組、下組などに住む13人の武士が頭になり、百姓たちもかけつけてこの城を守ったと伝えられています。

①D70_8489
①風南城南側からの撮影


②D70_8508
②風南城西側県道4号線沿いのバス停。バス停も風南城跡。写真右側に説明板も写っています。場所はGoogle Mapを参照下さい。

③D70_8501
③説明板


④D70_8422
④風南城南東付近まで車で上ってきました。山頂付近までは南側の麓から林道が通じています。登城口はGoogle Mapを参照下さい。
写真奥の林が城域です。地肌が見え、何かの造成が進んでいるようで、遺構の破壊が心配です。


⑤D70_8488
⑤写真④の左端から城内に入ります。


⑥D70_8428
⑥入って右側に進むと、風南山の北西側を分断する堀切が現れます。


⑦D70_8474
⑦主郭です。


⑧D70_8438
⑧風南城北から東側にかけて石積が見られます。


⑨D70_8445
⑨ここにも


⑩D70_8446
⑩写真⑨のアップです。


⑪D70_8455
⑪上段に主郭が見えます。一段下がった場所に石塁が見られます。


⑫D70_8460
⑫土塁も残されています。


⑬D70_8462
⑬土塁の内側にも外側にもしっかり石塁で補強しているようです。


⑭D70_8468
⑭城内の随所に石塁が見られます。


⑮D70_8432
⑮東側の眺めです。


P6171435.jpg
(おまけ1)
先週、長崎県西海市の親戚のおじさんから、夏みかん、ビワがなっとるけん、とりにこんねぇ(長崎弁)とのことで、おじゃましてきました。
親戚のおばさんの家は西海市の西側、外海とよばれている場所にあって、のどかなところです。

P6171446.jpg
夏みかんはだいたい酸っぱくて、普通ははちみつなどに漬けて食べますが、この夏みかんは酸っぱさが少なくまずまずでした。

P6171441.jpg
桃もありました。まだ少々固いですが、味はまずまず。


P6171453.jpg
今の季節、長崎のあちらこちらに手入れされていないビワが沢山なっています。西海市も他の地域と同様に高齢化が進んでいて、手入れが難しく、放置されているビワが多いです。


P6171439.jpg
柿はちょっと早いですね。

P6171425.jpg
(おまけ2)
名古屋に出張してきました。7月からしばらく名古屋で仕事することになりそうです。
僕はお菓子には目がないのですが、名古屋といえば、坂角のゆかりですよね。昔、若い頃名古屋に出張にいっていた女性の上司がよく買ってきてくれました。少々安い簡易パッケージのものを購入。えびせんべいは各地にあるようですが、坂角のゆかりは別格ではないかと思います。もし、もっとおいしいえびせんべいがあればぜひ教えてください。


P6171419.jpg
最後にコンビニで購入した味噌煮込みうどん。水は分量通りにしましたが、僕は濃い味が好きなので、水は少な目にしたほうが良かったです。



縄張り図
funan_jyo1.jpg

※「長崎県中近世城館跡分布調査報告書Ⅱ(詳説編)」から転載させて頂いております。



所在地

赤のマーカーは風南城、青のマーカーは風南城跡バス停、緑のマーカーは林道の入口です。


最後まで見て頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

松山城(長崎県東彼杵郡波佐見町) 

こんにちは、6月に入り梅雨の季節です。先週末、今週末共に天気はいいのですが、湿度が高くて、梅雨の到来を感じさせます。



さて、井手平城に引き続きゴルーデンウイークに登城した松山城をご紹介します。松山城は東彼杵郡波佐見町にあり、戦国時代、大村氏と後藤氏がせめぎあう国境の城です。この松山城を巡って幾度の戦が行われています。



戦国末期には大村方の福田丹波守がこの城を守っており、丹波守の留守中に後藤勢から攻められましたが、丹波守の娘が城兵を指揮し、自らも投石、敵を退散させ、「石打ちの御子」と呼ばれたと伝えられています。
しかし、その後、後藤氏に屈すると、大村氏の家臣で丹波守の弟薩摩守忠兼により丹波守は追放され、兄に代わり松山城主となります。



松山城は130m程の丘陵地を利用、中央に主郭を配し、尾根沿いに小規模な郭を持つ小規模な山城です。主郭は南北に長く東西は狭いため、城内に居住したとは考えにくく、平時は麓の居館に住み、緊急時に城内に立てこもったものと思われます。



①D70_8086
①松山城西側からの撮影



②D70_8073
②麓の道路脇に設置されている説明板



③D70_7953
③南側から登城します。個人の敷地内を通りますので、一言お断りを入れて登城させて頂きました。ありがとうございました。
縄張り図によると南側からは登城道があるように記載されていますが、実際には道は不明瞭でした。



④D70_7972
④主郭。南北は長いですが、東西は十m程度しかなく、大きな建物を造るには適しません。



⑤D70_7973
⑤北側に進むと土を積み上げた高まりがあります。物見台でしょうか。



⑥D70_7993
⑥主郭北端から北東の尾根沿って進むと、堀切を発見。しかし、堀底はかなり埋まり、不明瞭です。



⑦D70_8010
⑦更に北東へ進むと、先端部は段々の小規模な曲輪があります。(写真ではわかりにくいです)



⑧D70_8017
⑧主郭北端直下の様子。北西の郭と連絡する武者走りのように見えます。



⑨D70_8019
⑨主郭北端直下の切岸。



⑩D70_8023
⑩石積らしきものを見つけましたが、自然石でしょうか。



⑪D70_8027
⑪最後は北西郭の堀切。この堀切も深さがありません。




縄張り図
hasami_matsuyama1.jpg 
※「長崎県中近世城館跡分布調査報告書Ⅱ(詳説編)」から転載させて頂いております。




所在地
これまでご紹介した写真の撮影場所をマークしてみました。写真説明の丸囲み番号と一致させています。
間違いがあればご連絡頂けると幸いです。



最後まで見て頂きましてありがとうございました!


井手平城(長崎県佐世保市)後編 

こんにちは、今日長崎は雲一つ無いいい天気です。お出かけ日和なんですが、かみさんが車で外出しているうえ、家の雑用もあって今週末は家にこもりきりです(T_T)



さて、ゴルーデンウイークに登城した井手平城の後編です。今回は東出丸の南側と本丸をご紹介します。




0_D70_7930.jpg
井手平城遠景。南側からの撮影。二つ並んだ山の右側が本丸、左側が西出丸です。


①D70_7791
①前編では、東出丸の南側虎口までご紹介しましたが、虎口から更に南側を降りていきます。

更に南側に降りていくと、ここにも石仏があります。


②D70_7813
②しばらく降りていくと登城口が見えてきました。


③D70_7817
③写真②を降りて左側に進むとすぐに千人塚があります。千人塚は、1586年(天正14年)の大村・有馬・西有田・波多の連合軍より井手平城が攻められ、落城した際の戦死者の墓と伝えられています。


④D70_7815
④千人塚の説明板


⑤D70_7824
⑤井手平城の登城口は各所にあるようですが、本丸と東出丸に挟まれた南側の登城口です。


⑥D70_7830
⑥写真⑤から北側に進みます。左側が本丸。右側が東出丸です。両曲輪ともに切り立っていて、攻めるには難しいです。


⑦D70_7847
⑦谷道を登り上がると、水堀、土橋が現れます。写真右上へは本丸虎口へ至ります。


⑧D70_7846
⑧南側から北側へ撮影した水堀です。写真奥に東出丸へ渡る土橋があります。


⑨D70_7863
⑨写真⑦の土橋には水を通す排水口があり、埋もれないようにきちんと石積しています。


⑩D70_7914
⑩いよいよ本丸へ進みます。本丸の登城口ですが、虎口が大きく屈曲しています。往時と同じものか定かではありませんが、攻めにくいように工夫しているのだと思いますが、ただ、左上に続く本丸への登城道は真っ直ぐです。


⑪D70_7871
⑪写真⑩から登城道を真っ直ぐに登り上がると右手に石碑があります。その上には土塁が巡らされています。


⑫D70_7879
⑫本丸に入り左側の様子です。明瞭に土塁が残されています。土塁に沿って石仏もあります。


⑬D70_7880
⑬案内板


⑭D70_7882
⑭本丸中央部の様子。あまり広くないです。井手平城は本丸、東出丸、西出丸の三つの曲輪で成り立っていますが、各曲輪は水堀や切り立った空堀で分断されており、戦いの際には連携するのが難しく、守るには難しい城のように感じました。ここ本丸は多くの兵を配置することはできないので、南側を監視する出丸もしくは見張り台として機能していたのではないかと感じました。


⑮D70_7909
⑮本丸東側の空堀と土塁。


⑯D70_7896
⑯本丸南側の空堀と土塁。空堀はほとんど埋まっています。


⑰D70_7898
⑰本丸西側の空堀と土塁。


⑱D70_7885
⑱本丸虎口を内から外へ眺めたところです。


⑲D70_7916
⑲上宮神社へ戻ります。右は西出丸です。




縄張り図

idehira1_1.jpg 

※「長崎県中近世城館跡分布調査報告書Ⅱ(詳説編)」から転載させて頂いております。




所在地
これまでご紹介した写真の撮影場所をマークしてみました。写真説明の丸囲み番号と一致させています。



最後まで見て頂きましてありがとうございました。

井手平城(長崎県佐世保市)前編 

こんにちは、5月も半ばを越えだんだん暑くなってきましたね。先週末は佐世保方面の山城に行ってきましたが、蚊が凄かった上に、ヘビがにょろにょろしてました。これからの季節、山城に入られる場合はお気を付けください。


さて、ゴルーデンウイークに登城した井手平城をご紹介します。予想以上に見どころが多くて、前後編2回でご紹介します。


井手平城は、佐世保市東部の陶器の町三河内に近い新替町にあります。戦国時代の終わりごろ井手平城は平戸松浦氏が守っていましたが、井手平城の南と東を流れる小森川の対岸は大村氏の領土であったため、国境を守る最前線の城とされていました。また、1586年(天正14年)に大村、有馬、波多の連合軍に攻められ落城したと伝えられています。


①D70_7943
①井手平城遠景。東側からの撮影。(井手平城は写真中央手前の丘陵地です)


②D70_7918
②上宮神社。背後の森は本丸。車は上宮神社の駐車場に停めさせて頂きました。ありがとうございました。


③D70_7629
③上宮神社に向かって左側の道沿いに案内板が設置されています。


④D70_7632
④案内板を過ぎ、道沿いに山側へ進むと分かれ道が見えてきますので、真っ直ぐ進んで下さい。


⑤D70_7643
⑤さらに進むとこの辺りから、左側は西出丸へ、右に行くと本丸へ、真っ直ぐ進むと東出丸へ行けます。


⑥D70_7915
⑥まずは西出丸から登城。西出丸を見上げたところです。赤色の線に沿って進むと西出丸曲輪へ、黄色の線へは武者走?へ。


⑦D70_7651
⑦西出丸の南端からの眺め。中央手前の森は大村氏が井手平城攻めの為に築いた塩浸城という陣跡です。


⑧D70_7669
⑧西出丸中央部。左側が一段高くなっています。


⑨D70_7681
⑨東出丸との間の谷に降りてきました。


⑩D70_7686
⑩谷を南側に進むと水堀が見えてきます。左側は東出丸。山城で水堀があるのは珍しいです。


⑪D70_7691
⑪土橋を渡って東出丸へ進みます。


⑫D70_7704
⑫東出丸登城道。左下は水堀。


⑬D70_7713
⑬石積もあるようですが、往時のものか不明。


⑭D70_7725
⑭堀切が二つ並んでいます。尾根からの攻め手を防ぐ大事な堀切です。


⑮D70_7732
⑮井手平城の3つの曲輪のあちらこちらに石仏があります。このお城で戦死された方の供養のためとも考えられています。


⑯D70_7740
⑯案内板


⑰D70_7753
⑰東出丸には鉄塔があります。


⑱D70_7756
⑱東出丸南側には虎口らしきものがあります。(写真中央左)


⑲D70_7757
⑲虎口から外を見ると真っ直ぐではなく、攻めにくいように食い違いになっています。


⑳D70_7766
⑳虎口を外から見ると、ここにも石仏があります。



縄張り図
idehira1_1.jpg
※「長崎県中近世城館跡分布調査報告書Ⅱ(詳説編)」から転載させて頂いております。



所在地
これまでご紹介した写真の撮影場所をマークしてみました。写真説明の丸囲み番号と一致させています。


最後まで見て頂きありがとうございました。

次回は井手平城・後編です。

小峰城(長崎県東彼杵郡川棚町) 

こんにちは、ゴールデンウィークも後半戦、楽しいお休みはあっという間に終わります(+_+)。そろそろ頭の中を仕事モードに切り替えなければ。


昨日5/4は、せっかくのゴールデンウィークなので少々遠出をしてみようかと佐賀県名護屋城の陣跡めぐりか、大分県中津市にあるの長岩城と一ツ戸城あたりへ登城しようかとも思いましたが、長崎県東彼杵郡近辺の城館は未登城だったので、長崎県佐世保市南東部と東彼杵郡波佐見町と川棚町の城館へ登城してきました。この近辺は大村氏、平戸松浦氏、後藤氏がせめぎあう国境の城が多く、多くの戦が行われたと伝えられているようです。


まずは小峰城からご紹介します。小峰城という名前のお城は、近辺に佐世保市長畑町、東彼杵郡東彼杵町瀬戸郷の合わせて3か所あり紛らわしいのです。ご紹介する小峰城は東彼杵郡川棚町にあります。
小峰城は1566年(永禄9年)に後藤貴明が大村領内の侵攻のための陣城として標高164mの小峰山に築城されたと伝えられています。


01_D70_8383.jpg
1 小峰城西側から撮影


02_D70_8096.jpg
2 案内板。小峰城西側麓にあります。場所は本ブログの「所在地」を参照下さい。


03_D70_8097.jpg
3 案内版右脇のコンクリートの通路から登城します。


04_D70_8101.jpg
4 しばらく登りコンクリートの通路が終わるあたりに石碑があります。


05_D70_8109.jpg
5 更に登ると動物よけの柵が見えてきます。「開けたら閉めてください」との表示がありますが、この扉はしっかりと固定されていて開けるのが難しいので、飛び越えたほうが早いです。


06_D70_8117.jpg
6 動物よけの柵を過ぎ道なりに進むと左手に石積が見えてきます。麓近くにあり段々畑のように見えます。

07_D70_8139.jpg
7 ジグザグの道を登ります。山頂に行くほど石ころが多くなり歩きにくくなります。靴はしっかりした登山靴をお勧めします。

08_D70_8148.jpg
8 山頂近くになると石積が見えてきます。こんな高いところまで畑を作るとも思えないのでこの石積は城郭遺構と思われます。ただ、6番の写真と積み方が酷似していて、6番の石積も城郭遺構なのかもしれません。

09_D70_8336.jpg
9この付近は多数の小石が散乱していて、往時は相当の石積が山頂直下を取り巻いていたのかもしれません。

10_D70_8163.jpg
10 更に登ると主郭から一段下がった西側曲輪の西端を守る石積。自然石を活用しながら要所に玄武岩を平積みしています。

11_D70_8168.jpg
11 写真10番の石積の北西側。樹木で石積が崩落しています。


12_D70_8171.jpg
12 写真10番の石積の北西隅。横矢がかかっています。


13_D70_8183.jpg
13 写真12番の石積を北側から撮影。


14_D70_8202.jpg
14 写真10番の石積の南西隅。右側を進むと西側曲輪へ入れます。


15_D70_8207.jpg
15 西側曲輪の虎口のようです。


16_D70_8212.jpg
16 西側曲輪から主曲輪を見上げたところです。斜面に石が散乱しています。往時は階段が設えていたのでしょうか。


17_D70_8314.jpg
17 主曲輪へ至る斜面を途中まで登ってみました。中央は虎口と思われますが、左右はしっかりと石が積まれています。


18_D70_8307.jpg
18 写真17の虎口右側の石積を拡大してみました。中央の石積は崩落しています。


19_D70_8231.jpg
19 主曲輪。小峰山山頂は東西に長いため、主曲輪も東西に長細くなっています。また、往時はこんなに平坦にはなっていなかったでしょうから、きれいに削平しているようです。西から東へ撮影していますが、東端はよく見えません。


20_D70_8258.jpg
20 主曲輪東端に、なぜか二宮金次郎の像と歌(像の隣の説明版)


21_D70_8246.jpg
21 主曲輪東端からの眺め。奥の山並みの中央左の尖がった山は長崎のマッターホルンと呼ばれている虚空蔵山と思われます。若かりし頃に登りました(^_^;


22_D70_8268.jpg
22 主曲輪東側の石積みの状況を確認するため、曲輪直下に降りてみました。大きな自然石でできています。

23_D70_8278.jpg
23 中央下は手積みしているように見えます。


24_D70_8286.jpg
24 主曲輪直下は大きな石が取り巻いています。


縄張り図
komine_jyo_kawatana_1.jpg
※「長崎県中近世城館跡分布調査報告書Ⅱ(詳説編)」から転載させて頂いております。



所在地

※青のアイコンは小峰城。赤のアイコンは案内板と登城口。

最後まで見て頂きましてありがとうございました!



| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲