八女 

年度末の忙しい中、先週の三連休中日に八女に行ってきました。
僕は城が好きなのですが、城下町や門前町など昔の姿を残す古い町並みも好きなのです。
八女は以前から重要伝統的建造物群保存地区に保存されている福島と黒木の二つの町があることは知っていたのですが、なかなか行けずじまいで、やっと今回訪問。
まずは、黒木の町をご紹介。


①D70_6854
①かつて黒木には羽犬塚駅とを結ぶ矢部線がありましたが昭和60年に廃線となったようです。

②D70_6849
②かつて矢部線を走っていた蒸気機関車。C11というらしいです。昔図鑑で「C」は動輪の数を表していて、「B」は2つ、「C」は3つだって書いてありました。C11は3つですね。


③D70_6867
③黒木の町の中心部にある、松木家住宅を利用した、まちなみ交流館。


④D70_6865
④入って左に簡単な町の紹介、右にパンフレット類、奥に畳の間があってイベントの時に使用されるとのこと。年配の男性の方から家の説明をして頂きました。

⑤D70_6880
⑤松木家住宅の奥には障子戸の中央にうぐいすと梅の花をあしらったガラスが埋め込まれています。

⑥D70_6894
⑥黒木の町の南部には矢部川が流れています。この場所には木で架けられていた南仙橋があったのですが、2012年の九州北部の豪雨でが流されたと聞きました。残念です。


⑦1D70_6904
⑦-1 黒木堰。田畑の用水のため矢部川から水を引き込む取水口です。今は写真のような機械で水利の調整などをやっているようですが、昔はどのような構造になっていたのか興味津々です。


⑦2D70_6901
⑦-2 裏側はこんな感じ。


⑦3D70_6902
⑦-3 矢部川。奥の小高い山には猫尾城が築かれていました。


⑧D70_6940
⑧黒木の町には古い建物が残されています。


⑨D70_6943
⑨ここにも


⑩D70_6970
⑩旧隈本家住宅。現在は学びの館と呼ばれていて、古文書や遺物の収蔵・展示や黒木町ゆかりの人物の紹介がされています。女優の黒木瞳さんも黒木町の出身です。


⑪D70_6976
⑪立派な石碑


⑫D70_6984
⑫旧隈本家住宅の表玄関。通常は左側から出入りしていたようですが、大事なお客様をお迎えする際には写真中央の玄関から出入りしたとのこと。


⑬D70_7009
⑬神様専用の部屋。こんな部屋は初めてです。


⑭D70_7035
⑭この扉は昼間は右側に仕舞われていているのですが、夜はこのように閉め鍵をかけ、向こう側と話をする際は小窓を開けていたとのことです。隈本家は地主さんなので、農民から襲われることもあったのでしょうか。物騒です。


⑮1D70_7042
⑮-1 二階です。襖を開けるとかくし階段。写真左には色々と展示物があるのですが、それよりも、かくし階段に興味深々。


⑮2D70_7038
⑮-2  狭い階段をおりていくと、


⑮3D70_7043
⑮-3  一階の物置に通じていました。忍者屋敷?みたいです。案内して頂いた方によると二階から逃げる場所があるのでは、とのことですが、詳しくはわからないとのことでした。


⑯1D70_7058
⑯-1  沓脱石。身分の高い人用。


⑯2D70_7059
⑯-2  沓脱石。次に身分の高い人用。その次は無いとのことでした。


⑰D70_7068
⑰大きな鬼瓦ですが、相当大きな家であることが想像されます。


⑱P3191251
⑱甘いもの好きなので土地土地の名物はできる限り買ってくるのですが、今回は丸宗菓子庵さんで購入。
町の中心部の交差点角のいい場所にお店を構えておられました。八女はお茶で有名なので、お茶の羊羹や葛湯、葛餅が名物のようですが、ちょっと違うもの選択。


⑲P3201259
⑲まずは、「しおがま」。落雁のようなお菓子です。長崎では「こうさこう」っていいます。落雁よりしっとりした感じで、甘さ控えめです。中にしろあんが入っています。


⑳P3251264
⑳次に「水車」。二輪の水車をイメージしているのでしょうか。外はカリカリ、中はあずきが入ったゼリーで「きんつば」のようなものです。


最後まで見て頂きましてありがとうございます!


スポンサーサイト

町並みめぐり 杵築 その2 

杵築の町並み紹介の二回目です。ここ杵築の町並みは他の城下町などと比べて見所多いように感じました。小高い丘の上にあり、城下町が立体的で視覚的にもよいし、武家屋敷なども修復などを行い多数残っています。歩道も車道も広くて、大きな駐車場も確保できそうだし。それにしても連休にしては少々静か過ぎるように思いました。何か活気が足りないような...

DSC_4815.jpg
酢屋の坂を上から見下ろした写真。土塀と石垣が続き、見下ろした先には、南台武家屋敷跡が望めます

DSC_4822.jpg
酢屋の坂の土塀と石垣を下から見上げたアングル。蔵も併せていい感じです。

DSC_4835.jpg
綾部みそさんの軒下の意匠。雲をモチーフにしているのでしょうか。当時は商売繁盛だったのでしょう。

DSC_4837.jpg
北台武家屋敷跡を南台武家屋敷跡から撮影してみました。青い空と階段、建物群がみょうにマッチしているように思うんですけど。

DSC_4851.jpg
南台武家屋敷跡に来ました。中根邸です。このお屋敷もいい感じです。

DSC_4853.jpg
家老丁から北台武家屋敷跡を撮影してみました。この先には志保屋の坂があり、坂を降りると、商人の町に至ります。志保屋とは塩屋らしいです。

DSC_4877.jpg
窓ガラスに目がとまりました。すりガラスに丸い透明のガラスが入っています。面白いですね。ほかにはあまり記憶に無いです。建物は少々傷んできていますが、屋根を見ると修復しようとしている形跡が見られますので、取り壊す様子はなさそうです。歴史的価値はよくわかりませんが、僕の様な変わり者も楽しませてくれるとありがたいです。

以上、杵築の町並み紹介でした。最後まで見て頂きありがとうございます。

町並みめぐり 杵築 その1 

僕のライフワークのひとつは古い町並みを巡ることです。お盆休みに大分を巡った際に、杵築という静かで美しい城下町を訪れました。お盆の休みなのに観光客はまったくといっていいほどみかけませんでした。

DSC_4827.jpg
左の坂は酢屋の坂といって、杵築のパンフレットの表紙を飾っています。右の綾部みそさんと共に、いい雰囲気を作っています。坂に日傘をさした和服の女性なんかが立つといい感じになると思います。

DSC_4780.jpg
城下町とうたっているので、もちろん杵築城というお城もあるのですが、ざっくり回った感じでは紹介できるほどの遺構はありませんでした。杵築城の見学を足早に済ませると、まず勘定場の坂にたどり着きます。
杵築の城下町は高台にある上に、北と南の2箇所に城下町が分かれているので、坂を上り下りしないといけないので、お年寄りの方などは少々辛いかもしれません。
立派な石造りの階段に加えて、松などの植栽と漆喰の壁がいい感じです。

DSC_4786.jpg
勘定場の坂を登ると、壁の色がいつの間にか茶色になっています。おそらくこの土塀が本来の姿なのかもしれません。この通りが北側の城下町で、北台武家屋敷といいます。

DSC_4791.jpg
右の家の入口はこれまた立派なやぐら門。瓦は葺き替えたばかりのようでピカピカですが、いいんです、ほとんどみえませんから。

DSC_4801.jpg
能見邸。僕もお縁や靴脱ぎ石をおけるような、家を建てたいものです。

DSC_4809.jpg
表門から入ったので、帰りは裏口から失礼します。

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲