平戸 

こんにちは。3連休の方もいらっしゃると思いますが、九州北部は晴れたり、曇ったり、また雨が降ったりで安定しない天気です。


せっかくの3連休なので連休初日に平戸に行ってきました。平戸は会社に入社してしばらくして訪れたのが最後で、かれこれ25年以上ぶりになるかもしれません。


平戸は約400年前にオランダなど西洋との貿易で繁栄した町で、町の至るところに往時の痕跡が残っていて、非常に興味深い町です。


今回の訪問の主な目的は城館で、詳しくはおってご紹介しますが、簡単に平戸をご紹介します。


①D70_5552
①平戸城。最初は安土桃山時代末期、文禄・慶長の役後に松浦鎮信によって築かれたものの、自ら破却されたと伝えられています。太平の世となった江戸時代中期になり、山鹿素行の軍学に基づいて縄張りがされ、再建されています。


②D70_5840
②平戸城天守閣からの眺め。対岸の右端に再建された平戸オランダ商館。写真中央左の山腹に松浦史料博物館が見えます。


③D70_5369
正宗寺。松浦隆信の墓があり、また、正宗寺の背後の山には勝尾獄城があります。


④D70_5460
④松浦史料博物館入口。松浦史料博物館は、平戸藩主松浦家に伝来した資料を収蔵、公開しています。


⑤D70_5452
⑤④番の松浦史料博物館入口の最初の数段の階段を登ったところから左右に通路が造られています。珍しいので撮影してみました。


⑥D70_5870
⑥松浦史料博物館は、博物館に向かって右側から車で登ってくることができます。ただ、道が狭いので車をぶつけないように注意して下さい。写真は駐車場から博物館に向かう通路です。写真中央右手から入場します。


⑦D70_5944
⑦博物館には、鎧兜や籠など当時使用されたものが多数展示されていますが、興味を持ったのが、1700年に作成された「東海道並びに船路の絵図」。九州北部から江戸までの風景や城郭が描かれています。この絵は島原半島を中心に撮影したもので、中央に島原城。その右に雲仙岳。左上になぜか六角形の出島。その下には「鍋島番小屋」と描かれている深堀が描かれています。


⑧D70_5943
⑧次の絵は佐賀県中央部。中央右は佐賀城と思われますが、「龍蔵寺」と書かれています。龍造寺隆信は1584年に沖田畷で敗れ、その後実権は鍋島家に移っていくはずですが、この地図が作成された1700年でも、まだ龍蔵寺となっています。龍蔵寺の左は唐津。呼子や伊万里の名前も見えます。
このように、九州北部から江戸までの様子が描かれていますが、特に城は特徴的に描かれているので、興味を持たれた方は現地でご確認ください。



⑨D70_5598
⑨城下町の様子。新しい建物もありますが、街並み保存の観点から黒を基調にした街づくりに取り組まれているようです。


⑩D70_5601X
⑩珍しい三階建ての建物。


⑪20170107_120443
⑪平戸は港町なのでやはり海産物が名物です。お昼は何にしようかと思案。鯛茶漬けを押しているようですが、一ふじ食堂さんでちゃんぽんを食べることにしました。長崎のちゃんぽんとくらべてやや濃厚。


⑫P1081196
⑫おみやげはカスドース。湖月堂老舗さんのカスドースは皇室献上菓子とのこと。


⑬P1081198
⑬カステラに卵黄をからめて揚げ、グラニュー糖をまぶしたものです。甘いので食べ過ぎに注意してください。


最後まで見て頂きありがとうございました。


スポンサーサイト

広島で結婚式 ~その1~ 

こんにちは、梅雨もようやく明けて、子供達も夏休みに入り、夏の甲子園のニュースが聞こえてくると、いよいよ夏が来たなぁと感じるこの頃です。


先日、日曜日に親戚の結婚式が広島であり、行ってきました。ただ、せっかくの広島なので、そのまま帰ってくるのはもったいないということで、帰り道々、遊んで帰ってきました。
広島は数年前に仕事で通算約4年住んでいたので、広島とその近郊はだいたい行き尽したので、近県を巡ってみました。
最初は「広島→しまなみ海道→愛媛-(フェリー)→大分→長崎」にしたかったのですが、かみさんから距離が長いということで、結局「広島→萩・長門→下関・門司→買い物→長崎」となりました。


①20160722_170426
ちょうど、結婚式の前日の7/22は広島-阪神戦のホームゲームが開催される予定だったので、さっそく、コンビニで予約。広島も4年住むと、ほぼ広島ファンになります(^_^;


②20160722_181012 
できれば黒田の200勝を見たかったのですが、残念ながら黒田の200勝は翌日23日でした。しかも、長崎・清峰高校出身の今村が200勝に花を添えて、見たかったなぁ~と、残念(T_T)。


③DSC07747
しかも、ビジター席。一か月半ぐらい前に予約したものの、広島側の席は連続した2席(息子と二人分)が確保できず、泣く泣くビジター席を予約。2F内野自由席もまったく取れませんでした。
おかげで、思いっきり応援ができませんでした。(T_T)


④DSC07741
適当につまみを購入。
⑤20160723_101415
戦利品は今村選手のユニフォーム。


⑥D70_1873
次に山口県・萩へ移動。萩はご存知の通り幕末の志士が活躍した地。そして日本の近代化を後押しした地でもあります。写真は昨年「明治日本の産業革命遺産」で世界遺産となった「萩反射炉」です。



⑦D70_1880
反射炉とは、炉内で石炭を燃焼させ、アーチ型の炉内で熱を反射、高温の状態を保ち、金属を精製する設備です。現在、煙突だけ現存し、往時は煙突の手前に燃焼炉があったのですが、失われています。


⑧D70_1888
煙突の裏側はこんな感じです。


⑨D70_1895
案内板。


⑩D70_1930
次は、恵美須ヶ鼻造船所跡。この施設も世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成施設のひとつです。


⑪D70_1917

造船所というと、ドックを中心にクレーンや工場などの設備を連想しますが、恵美須ヶ鼻造船所跡は特に設備が残っておらず、見るものがありませんでした。写真にロープが写っていますが、ロープに沿って船を設計したり建造したりする建物が当時建っていたようです。
昨年、世界遺産に認定されたばかりで、施設の整備はこれからだと思いますので、楽しみに待っておこうと思います。


また、佐賀にも「三重津海軍所跡」という、同じ世界遺産に認定された施設があって、先日行ってきました。こちらも何もありませんでしたが、何もない代わりに「VRスコープ」という、音声ガイダンスを聞きながら、往時の様子を360度のパノラマ映像で楽しめる機材を無料で貸してくれます。
この恵美須ヶ鼻造船所も、三重津海軍所跡同様に見学者が多く、見学者がより理解を深めることができる工夫をして頂ければと思いました。


最後まで見て頂きありがとうございます。
次回は萩城下町、松下村塾、萩城をご紹介します。島原半島のお城は「広島で結婚式」終了後にご紹介します。

家族旅行(大分)その6 

大分旅行の最終回です。今回は日田市に入ります。

DSC_5180.jpg
日田市内に入る前に、ちょっと寄り道。

DSC_5182.jpg
江戸時代に敷かれた峠道の石畳が残っているというので、幹線道路から少々外れて訪れてみました。

DSC_5187.jpg
当時、この道を通って、人々や馬などが通ったんだろうなぁと、思いを馳せます。
それにしても、きちんとした案内板があるのにビックリです、普通こんな遺構を訪れる人はほとんどいないと思いますが、皆さん行きますか?!(僕はいきましたけど^_^;)

DSC_5197.jpg
そして日田の豆田町に入りました。掲載した写真にはなぜか観光客はあまり写っていませんが、けっこう観光客が多くて活気がありました。子供の学校の先生と偶然会ったりもしましたし。

DSC_5198.jpg
江戸時代以降の古い建物がたくさん残っています。重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、町ぐるみで景観保存に努められています。古い様式の建物もピカピカのものが多いです。

DSC_5207.jpg
こういったにくい演出が随所に見られる町です。活気を感じます。

DSC_5216.jpg
珍しい丸窓のお店。

DSC_5221.jpg
メインの道路でないので人はあまりいません。

DSC_5226.jpg
お花も各所に飾られていて、おもてなしの心を感じます。

DSC_5236.jpg
ひときわ珍しい三階建ての建物。僕の一押しです。建築様式が各階違うんじゃない。明治・大正時代に和風の建物に隣接させて洋館を増築する建物を中国地方でみましたが、こんな建物ははじめてです。

DSC03041.jpg
最後にジェラートです。

DSC03040.jpg
やっぱりウマイです。お店を変えて食べ比べしてみました。

以上、大分旅行のレポートでした。毎回見ていただいてありがとうございました。
次回は四国に行きたいです!

家族旅行(大分)その5 

大分旅行の三日目。最終日です。最終日は午前中に中津から日田まで南下して、午後は福岡でお買い物です。^_^

DSC_5000.jpg
中津城です。かみさんや子供たちは城にいっさい興味がないのです、早朝一人で出かけて見学です^_^; なので、天守閣にある資料館も見れずじまいです(T_T)
立派な天守閣と櫓ですが、もともとこの場所に天守閣はありません。模擬天守ってやつです。でも、あればあったでさまになるってもんです。

DSC_4989.jpg
この城の見所はこの場所です。二つの時代の石垣が見られるところです。右側は黒田時代の古い石垣です。左側は細川時代に拡張した石垣です。事情はわかりませんが、良く見ると、右側の古い時代の石垣のほうが、石を四角く加工して積んでいますが、左側の新しい石垣はあまり加工されていない石垣を積んでおり、なんだか時代が逆のように思えます。

DSC_5036.jpg
中津城の本丸脇にある汐湯さん。実はお城よりもこの汐湯さんの建物に興味を持ちました。立派な木造三階建ての建物です。汐湯さんは、明治15年に割烹料亭として創業し、その後銭湯を開業。この3階建ての建物は大正時代に立てられたものらしいです。大事に残して欲しいと思いました。

DSC_5108.jpg
中津にお別れをして、耶馬溪に入ります。青の洞門です。残念ながら工事中で中には入れず、残念!
青の洞門とは、禅海和尚が交通の難所を容易に越えられるよう1700年代にノミと槌のみで30年かけて掘削したトンネルです。

DSC_5136.jpg
競秀峰。奇岩が並びます。

DSC_5116.jpg
耶馬渓橋です。日本で唯一の8連石造アーチ橋で、日本最長の石造アーチ橋らしいです。日本百名橋のひとつにも数えられているとのことです。「オランダ橋」という愛称もあるようです。見ての通り美しい橋です。昨年、橋が流され、つい最近復旧したばかりなので、本来古い橋なのにピカピカです。今後、苔むして味のある橋になることを期待したいです。^_^;

DSC_5132.jpg
昔はこの橋を渡って、遠方に旅立つ人も多かったのでしょう。旅の無事を祈らずにはいられなかったと思います。
大分には、こんな立派な橋が無数にあります。長崎にも眼鏡橋があって観光名所のひとつになっていますが、長崎の石橋の比ではない立派な石橋がたくさんあって、もっと全国に広めてもよいのではと思いました。ただ、興味があって訪れる人はどの程度いるかというと、どうなんでしょうかね。

DSC_5168.jpg
江戸時代に組頭をつとめた旧家で、1700年代に建てられたもので、年代がはっきりしている民家としては九州最古の建物だそうです。

DSC_5160.jpg
入場無料ですが、入られる方は隣の管理人の方に一声かけてお入りください。

三日目、前半終了です。次回が最終回です。

家族旅行(大分)その4 

大分旅行の二日目の最終回です。この日最後は宇佐神宮と古墳見学をして終了。その後、中津に移動して泊まりとなります。

DSC_4901.jpg
大鳥居。宇佐神宮は「はちまんさま」の総本山です。

DSC_4926.jpg
本殿は国宝です。九州にはそんなにたくさんの国宝はありませんので貴重です。でも、残念ながら本殿は修復中のため見れませんでした(T_T)

DSC_4967.jpg
参道のみやげ物屋さんを冷やかすのも、楽しみのひとつです。もっとも鳥居に近いこのお店のカキ氷はなかなかうまかったです。
10年くらい前に長崎の観光通にパン屋さんがあったんですが(残念ながらお店の名前を思い出せません、スイスとかイタリアなどをイメージした名前だったような...)、この店はなぜかカキ氷も出していて、このカキ氷が絶品でした。アイスクリームの様なカキ氷で、当時常識を覆すような衝撃を思い出しました。
この参道のお店のカキ氷はそこまでおいしくは無いですが、そこいらのカキ氷とは違います。よーくカキ氷を作る機械を見てみると、かなり年代物でした。最近の軽薄短小のものと違って、昔のものはいい仕事をしてるんでしょうね。

DSC_4973.jpg
だいたい名物があります。今年に入ってすぐに佐賀の祐徳稲荷神社に行ったときも糸きり羊羹がありましたし。宇佐神宮は「宇佐飴」ですかね。一応買ってみましたけど。

DSC02990.jpg
宇佐神宮の敷地内にあるポスト。洒落っ気があっていいと思います。

DSC_4974.jpg
時間もおしてきたので時間に関係なく入れる「宇佐風土記の丘」に行ってみました。古墳がある公園です。「赤塚古墳」は 九州最古の前方後円墳の1つとのことです。

DSC_4975.jpg
「赤塚古墳」ですが形がはっきりしません。歴史で学んだ、仁徳天皇陵のような形をお見せできないのが残念です。この時代は古すぎて当時の文化や生活などがイメージできないので、あまり興味がわきません。

P1090025.jpg
最後は中津名物「からあげ」です。「チキンハウス」さんで買いました。からあげ屋さんって基本持ち帰りなので、からあげを買って、ほか弁でご飯を買って、ホテルで食べました。比べるためにほか弁屋さんでもから揚げを購入。ほか弁のから揚げも負けてません。でも、僕は島原の白石さんのからあげが好きです。
| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲