オクラ発芽 

今週日曜日に種まきしたオクラが発芽しました。先々週、3年前に購入したオクラの種が発芽せず、先週末に新たに購入したものです。昨年もオクラを栽培しており、昨年使用した土に石灰と腐葉土を混ぜて土作りをしました。オクラは花も綺麗で、実も食べれて2倍楽しめます。

P1080056.jpg

P1080055.jpg
スポンサーサイト

山登りとシュラフカバー 

イスカさんのシュラフカバー。シュラフを紹介していないのに、なぜかシュラフカバーからの紹介。実はシュラフは実家にあって、実家はさほど遠くはないのですが、面倒くさがりの僕なのでなかなか実家にいかないのが理由です。このシュラフカバーには大変申し訳ないのだが使用した記憶がありません。ごめんなさい。日帰り山行主体の僕にとってはもともと使う機会もあまりなく、雨の日には登らないし、これまで天気が崩れることもなく、そもそも買う必要はなかったのかもしれません。いつどこでいくらだったのかも記憶になく、でも、ゴアテックスって書いてあるので、そこそこの値段だったことは想像できます。

P1080051.jpg
P1080050.jpg

山登りとレインウェア 

レインウェア。普段あまりレインウェアとは言わないのでなんとなく違和感ありです。カッパが言いやすいですね。ずいぶん前に買ったダンロップさんのカッパです。当時、ゴアテックスのカッパは最低でも2万5千円位しましたが、山ショップのご主人からすすめられて買ったもので2万円切った値段だったと記憶してます。それでも、当時20才台真ん中のお給料ではちょっと贅沢な出費でした。僕は晴れた日にしか登らないし、今まで天気が崩れるような事はあまりなかったので、カッパの出番はほとんどありません。でも、けっこう活躍しています。なぜかというと、車の洗車と年末の大掃除のとき^ ^;


P1080046.jpg


P1080043.jpg

ギター カポタスト 

カポタストを購入しました。入門16点セットの中に入っていた左上のカポタストは使いにくいのです。ゴム製の紐をぎゅーってひっぱって装着しないといけないので、非力な僕にとっては、ちょっと面倒です。右下が本日購入した、G7TH NEWPORT CAPO。2,980円也。ぱちっと簡単装着 ^ ^v

P1080031.jpg

山登りと万能ナイフ 

なぜかたまっていく万能ナイフ。本当は少なくとももうひとつあったんですが行方不明。左から。普段用のもので、小型ナイフ、ハサミ、ピンセット、ようじが付いています。二番目はスタンダードなモデルで、大小のナイフと缶きり、栓抜きが付いたもの。スイスのミグロ?というチェーンのスーパーで購入しました。安くて1,000円しなかったと思う。次は、山にしか持っていかないスプーン、フォークなどが付いているタイプ。ビクトリーノックスやウェンガーなどの有名メーカではないので、かなり安かったと思う。たぶん近くのスポーツショップで購入したものです。次の青いやつは、もらったもの。ペンチなどがついているどちらかといえば工具っぽいもの。最後は、ウェンガーのフィシングモデル。スイス ルツェルンの交通博物館で購入した思い出のもの。でも、つりはしません。

P1080029.jpg

山登りと腕時計 

プロトレック DPX-500。これまた20年以上前に購入したもの。高度、気圧、温度、方角が計れるよくあるタイプ。時計の周りの黒いプラスチック部分はすっかり光沢を失ってしまいました。昔はこの手の機能を持った時計はこのプロトレックぐらいしか選択肢が無かったと記憶していますが、最近、ネットショッピングの隆盛もあり、様々なメーカの品を購入することができますね。最近、スントの時計が気になっています。フランスのメーカだけあってスマートなデザイン。プロトレックはちょっとごつい感じがします。中でもGPS機能付きのアンビットが欲しいです。5万近くするので、ちょっとしり込みしてます。5万あったらテントの購入かなぁ。

P1080003.jpg

山登りとコッヘル 

チタン製のコッヘルとシェラカップ。いづれも20年ぐらい前の品。用途はカップラーメンを食べるためと、コーヒーを飲むため。僕の山行はほとんど日帰りなので、コッヘルで煮炊きすることはありません。お湯を沸かすためだけなうえに、コッヘルでは、沸いたお湯をカップラーメンに注ぐ時に、よくこぼします。ですので、ケトルを買おうかと考えている今日この頃です。

P1070990.jpg

山登りとコンロ 

山でラーメン食べたり、コーヒーで至福のひとときを味わいたいときには欠かせないコンロ。20年以上前に購入したEPIgasさんのコンロです。メンテナンスもほとんどしないのに、なかなか壊れないので、今まで使い続けてきました。グリーンとオレンジのケースもお気に入りです。購入する時にケチって、着火装置の無いタイプを購入したので、ライターやマッチが必須です。僕はタバコを吸わないので、ケースの底にライターを常備しています。着火するときにヤケドしないように気をつけないといけません。風防?が付いているので、ザックの中でかさばるのが、難点でしょうか。

P1070984.jpg

ギター 3週間半 

アコギを購入して3週間半になりました。意外と練習自体が楽しいので、まだまだ飽きずに続きそうな感じです。簡単なEmやAmはなんとか押さえることができますが、CやGになると、きれいな音がでないときがあります。弦が指に食い込んでしまうのですが、まだ、指の皮が薄いのできちんと弦を押さえることができず、音がきれいになりません。また、まだ指が他の弦にあたり、これもきれいな音になりません。Fコードなどはまだまだ先の話になりそうです。でも、ぼちぼち楽しみながら覚えていきたいです。

P1080025.jpg

山登りとザック その4 

モンベルさんのザック。20年以上前に購入したもので、かなりくたびれてきました。遂に底の縫い目から穴が開きだして、補修しながら使っています。「山登りとザック その3」で紹介したザックがこのザックの後継になります。でも、最近、家族で登るようになってきたので、子供用又はかみさん用にこのザックもまだしばらく現役でがんばってもらわねばなりません。

P1070982x.jpg

山登りとザック その3 

次のザックはコールマンさんの日帰り用の小さめのザック。山登り以外でも普段の外出に使うこともあります。美しい緑色に引かれて購入しました。昔はこんなハデな色のザックは見かけませんでしたが、最近はザック以外でも、ウエアなどで綺麗な緑色が使われることが多いですね。また、このザックは軽くて、背負いやすくてお気に入りです。かみさんも同様に好評でした。

P1070979x.jpg

山登りとザック その2 

二つ目のザックはマジックマウンテンさんのザックです。20年以上前に購入したもので、けっこう汚いです。でも、日帰り山行にはちょうどいいサイズで不満も無いので重宝しています。
P1070976xx.jpg

山登りとメンテナンス道具 

靴のメンテナンスキットについて紹介します。僕は、サドルソープとスポーツワックスで登山靴のメンテをしています。ブラシは百金で購入したものです。最初、革製品を水洗いして大丈夫なものか心配でしたが、今では遠慮なく水洗いしています。一度、半日程度の山登りの後、メンテもせずほったらかしていたら、革が乾燥したようになり、痛んでしまい、それから、山登りの後は必ずメンテするようになりました。正しいのかどうかはわかりませんが、僕は以下の手順でメンテしています。

①靴に付いた泥などの汚れをブラシできれいに落とす。特に靴底にめり込んだ泥はきれいに取り除きます。
②サドルソープを付けてブラシで水洗いをする。
③靴が乾くまで陰干しする。
④靴の革の部分に、スポーツワックスを指で念入りに塗りこむ。

P1070999xx.jpg

山登りとザック その1 

愛用のザックを紹介します。マウンテンダックスさんのザックです。だいたい10年ぐらい使用しています。経年変化でゴムの部分が少々ベタベタしてきました。でも、特に不満はないのでまだまだ使います。マウンテンダックスのロゴって変わったんですね。

P1070973x.jpg

客船 ボイジャー・オブ・ザ・シーズ 

巨大客船ボイジャー・オブ・ザ・シーズが長崎に入港。出航に合せて女神大橋からと対岸の旭町から撮影しました。


DSC_2391.jpg
女神大橋から長崎港方面を望む


DSC_2429.jpg
女神大橋から三菱重工業香焼工場方面を望む

DSC_2395.jpg
女神大橋から船の全景

DSC_2316.jpg
対岸の旭町から撮影

山登りと靴 

僕の山のお供を紹介します。まずは、もっとも大切な靴から。安藤製靴さんの登山靴です。こんなごつい靴は、スポーツショップに行ってもあまりみかけなくなりました。でも、僕の足にフィットしているので手放すことはできません。もう20年位前に購入しましたが、革のひび割れや金具の部分もまったく壊れる気配が無く丈夫でまだまだ十二分に履けます。 


金比羅山(長崎市) 

昨日、5/4に長崎市の金比羅山(366m)に登ってきました。天気もよかったので、山頂には10人ほどの方が登られていました。ついでに金星観測記念碑も見てきました。残念ですが、山頂からの眺めは、少々霞んでいました。 
今回のコースとタイムは以下のとおりです。
諏訪神社(9:55)→ 立山公園(10:30) <休憩>  出発(10:43) → 金比羅神社(10:05) → 金星観測記念碑(11:10)→ ドンク岩(11:20)→ 金比羅山山頂(11:42) <昼食> 出発(12:45) → 高尾町(13:40)→ 浦上天主堂(14:00)


スタートは諏訪神社


金星観測記念碑


右上にドンク岩


金比羅山山頂からの長崎港の眺め


| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
04« 2013/05 »06

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR