石垣の美 獅子城(佐賀) その2 

佐賀県 獅子城の第二回です。今回は本丸を中心に紹介します。

DSC_6792x.jpg
写真の撮影場所を丸囲み番号で示していますので、よろしければ併せて参照ください。

01_DSC03900.jpg
①井戸曲輪から本丸へ至る大手道。右上の曲輪は本丸です。

02_DSC03895.jpg
②本丸へ向かいます。本丸へはあと60m。

03_DSC03903.jpg
③本丸は東西に細長くなっており、東側の状況。

04_DSC03904.jpg
④こちらは西側。木が茂っていますが、往時は建物が建っていたようです。

05_DSC03902.jpg
⑤石碑

06_DSC_6847.jpg
⑥本丸西側端にある搦手口(裏口)です。ここの出入口もきれいに右側に折れ曲がっています。よくぞ往時を想像できる状態で残っていたと思います。おそらくきちんと扉が取り付けられていてお侍さんが出入りしたんだろうなぁと考えてしまいます。

07_DSC_6850.jpg
⑦搦手口を外から見た様子。

08_DSC_6852.jpg
⑧本丸西側端の北隅石垣。

09_DSC_6858.jpg
⑨こちらは南隅石垣。

10_DSC_6860.jpg
⑩本丸西側端の南側石垣です。石垣が不自然に積まれていますが、ここにも出入口があったようですが埋められたようです。

11_DSC03919.jpg
⑪不自然に石が埋まっていますが、ここは虎口があったらしく本丸への出入口があったとのことです。江戸時代初期の廃城時に埋められたとのこと。

12_DSC_6848.jpg
⑫本丸北側の石垣。

13_DSC_6861.jpg
⑬本丸南側の石垣。

14_DSC03901.jpg
⑭本丸の案内板。

15_DSC03923.jpg
⑮本丸の散策も一段落して、本丸を後にします。左の下り坂(本丸大手虎口)からおいとまします。

最後まで見ていただきありがとうございます。
次回に続きます。

▼... Read more ≫
スポンサーサイト

長崎帆船まつり 

長崎帆船まつりが今日4/27から5/1まで開催されます。
帆船まつりは人が多くてゆっくりみることができないので初回に行ったきりでこの数年出かけることはありませんでしたが、客船も入港するし、三菱長崎造船所で建造中の客船の様子も見たかったので、久しぶりに出かけてきました。
セイルドリル(操帆訓練)、体験クルーズや船内一般公開などのイベントが盛りだくさんのようですのでお近くの方は出かけられてはいかがでしょうか。ただ、ちょっと天気が気になりますが。

01_DSC_7178.jpg
長崎港と夜景で有名な稲佐山の様子。写っているのは軍艦島クルーズの船。人が一杯です。軍艦島クルーズは人気のようであちらこちらの船着場から出航していきます。

02_DSC_7251.jpg
「日本丸」 ご存知航海訓練所の練習船です。全長110.09 m、全幅13.8 m、総トン数 2,570 t。

03_DSC_7252.jpg
「パラダ」 ロシア極東漁業技術大学所属。全長108.60 m、全幅14.00 m、総トン数 2,987 t。奥は女神大橋。

04_DSC_7279.jpg
「パラダ」 その2。

05_DSC_7227.jpg
「みらいへ」グローバル人材育成推進機構 所属。全長52.16 m、全幅8.60 m、総トン数 230 t。

06_DSC_7228.jpg
よく見るとマストに船乗りの方々がつかまっています。

07_DSC_7296.jpg
やっぱり真っ白い帆を張らないと絵になりませんね。

08_DSC_7299.jpg
ゆっくりと長崎港(長崎水辺の森公園)に入港。

09_DSC_7322.jpg
手前は日本丸。その奥にパラダ、そしてずーっと奥に客船。

10_DSC_7199.jpg
Silver Shadow(シルバー シャドウ) バハマ船籍 全長 186m 総トン数 28,258t

11_DSC_7213.jpg
長崎港 松ヶ枝国際ターミナルに入港。

12_DSC_7219.jpg
真っ白く美しい船体です。

13_DSC_7288.jpg
今晩、鹿児島に向けて出航のようです。

14_DSC_7261.jpg
三菱長崎造船所で建造中の客船。

15_DSC_7172.jpg
最後は中国菓子色々。帆船まつりにあわせてたくさんのお店が出店しています。

石垣の美 獅子城(佐賀) その1 

今年の1月に佐賀県の肥前名護屋城と併せて唐津城と獅子城に登城してきました。肥前名護屋城は既に紹介しましたが、今回は獅子城を紹介したいと思います。なお、唐津城は足早の登城となり紹介できる内容がないので割愛したいと思います^_^;
本当は近くにある岸岳城を狙っていたのですが、いつものいきあたりばったりで探すことができず、獅子城の登城となりました。
この城は、松浦党の祖 源 久の孫が築城の後、鶴田越前守源前を経て、鶴田上総介法賢の時代に廃城となりました。
こんな山奥に忽然と現れる石垣群、それに圧巻の巨石に断崖絶壁。石垣好きにはたまらないお城でした。
よろしければお楽しみください。

DSC_6792.jpg
写真の撮影場所を丸囲み番号で示していますので、よろしければ併せて参照ください。

01_DSC04008.jpg
①この石碑が獅子城への上り口の目印です。県道32号を東から西へ進むと右側に見えてきます。

02_DSC_6794.jpg
②駐車場付近。中央の階段を登っていきます。右には敵の侵入を阻むかのように立ちはだかる岩壁。

03_DSC_6796.jpg
③もう少しで三の丸。

04_DSC03866.jpg
④南三の丸東側の曲輪

05_DSC03859.jpg
⑤南三の丸西側突端にある櫓台跡。礎石が残っています。

06_DSC_6803.jpg
⑥櫓台隅石。鋭く隅石が加工されています。

07_DSC_6804.jpg
⑦同じく南三の丸西側突端にある櫓台の石垣

08_DSC03862.jpg
⑧南三の丸西側石垣。

09_DSC03863.jpg
⑨南三の丸に鎮座する岩塊。この岩塊の上は二の丸。いつものことですが十分に調べて登城しないので二の丸は残念ながら見学できず、次回のお楽しみとなりました。

10_DSC03871.jpg
⑩東三の丸虎口。虎口とは城の出入口のこと。出入口なので防備は厳重にしなければなりません。なので、通路を折り曲げて攻めにくいようにしています。この虎口も左に折れ曲がっている様子がわかります。


11_DSC03873.jpg
⑪虎口を出たところ。

12_DSC_6814.jpg
⑫北三の丸の虎口。この虎口も折れ曲がっています。

13_DSC_6816.jpg
⑬北三の丸からの眺め。

14_DSC03879.jpg
⑭井戸曲輪の石垣。立派な石垣です。

15_DSC03882.jpg
⑮堀切。本来、左右の石垣はつながっていましたが、攻め手の通行を遮断して攻めにくいようにするため、
人為的に堀状に掘削したものです。左側が二の丸、右側は井戸曲輪。

16_DSC03892.jpg
⑯三の丸北西の石垣。

17_DSC03889.jpg
⑰一の曲輪(石垣上)および調馬場(石垣下)の石垣。

18_DSC03885.jpg
⑱井戸曲輪および本丸へ続く大手道

19_DSC03896.jpg
⑲井戸曲輪全景。

20_DSC_6837.jpg
⑳井戸跡。

21_DSC_6838.jpg
21 柱をたてるための礎石です。塀を立てていたようです。

22_DSC03898.jpg
22 井戸曲輪から堀切を見下ろしたところ。

23_DSC_6789.jpg
23 立派な案内板。佐賀県らしく陶器でできています。このような案内板が各曲輪毎に設置されています。なお、クリックすると拡大します。

最後まで見ていただきありがとうございます。
次回に続きます。

神戸出張その他色々 

先週末は神戸出張。結局昨年度は3回訪れました。出張でなければ色々で観光したいんですけど、なかなか難しいです(-_-)

01_DSC04489.jpg
おなじみの長崎空港。今回の出張は朝長崎空港→伊丹空港、バスで神戸へ移動して、夜、神戸空港→長崎空港へ帰ってくるしんどい日帰り出張となりました。しかも、ちょうどいい時間のJAL便がとれず、ANAの長崎空港8:00出発の便しか空いてませんでした(T_T) 年度末で致し方ないです。席が空いていただけでもよしとしなければ。

02_DSC04505.jpg
伊丹空港行き ANA162便 ボーイング737

03_DSC04469.jpg
お隣には羽田空港行き ボーイング777

04_DSC04512.jpg
伊丹空港に到着。ボーディングブリッジの窓から1枚パチリ

05_DSC04551.jpg
お楽しみのおみやげは、コンディトライ神戸さんの「白いチーズロール」

06_DSC04552.jpg
真っ白な美しいロールケーキです

07_DSC04554.jpg
僕はチーズケーキは苦手なのですが、予想外に甘くなかなかいけました。

08_DSC04559.jpg
<おまけ>実家に用事があったのでお花の写真を2枚。父に聞きましたが、何の花か知らないとのこと。友達から株分けしてもらったとのこと。どなたかご存知の方は教えてください。

09_DSC04560.jpg
ひときわ鮮やかに咲いていたシンビジウム 

10_DSC04587.jpg
Windows XPのサポートが終了とのことなので、新しいパソコンを消費税増税前に購入。レノボ ThinkPad E130。ThinkPadって黒い無骨なイメージがあるのですが今回は主にかみさんが使うので赤にしてみました。6万円ちょっと、安くなりました。

11_DSC04590.jpg
ThinkPadのiの点が赤く光ります。

12_DSC04591.jpg
ディスプレイとキーボードはこんな感じです。

13_DSC04593.jpg
我家のノートパソコンは代々ThinkPadです。理由はキーのGとHとBの真ん中にある赤いトラックポイントを採用しているThinkPadを使い続けていて、いまさら長方形のタッチパッドに戻れないためです。おそらく我家の初代ThinkPadは370CというモデルでE130で6代か7代目。また、しばらくお世話になります。トラックポイントがなくなりませんように。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
03« 2014/04 »05

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲