滅びの美 志布志城【内城】 (鹿児島県) 

今日は秋晴れのいい天気でした。明日は用事で佐世保に行くので、今日は自宅でゴロゴロしてました。
先週は大分にあるハーモニーランドに行くついでに、近くの日出城に登城しましたので、後ほどご紹介します。

さて、7月末に登城した志布志城の二回目になります。志布志城は内城、松尾城、高城、新城の四つの城郭の総称で、前回は松尾城、今回は最も規模の大きい内城への登城になります。
シラス台地の山を大きく掘り切りしており、幾重にも郭が構成されている南九州の典型的なお城です。規模が大きく、見所が多いのですが、天守閣や櫓はもちろん、石垣などの遺構もほとんど残っていないので、少々消化不良の感があります。

map01.jpg
写真の撮影場所を番号で示していますので、よろしければ併せて参照ください。ただ、不確定な場所もありますので、参考程度に止めておいてください。

①DSC_9044
①大手口になります。入口は四方にあるようですが、ここが主要な入口のようです。

②DSC_9048
②少し登るとすぐに矢倉場跡入口です。真っ直ぐには突入できず、折れ曲がりがあります。前面からの攻撃に加えて、右の影から長槍で突かれたらひとたまりもありません。

③DSC_9055
③矢倉場跡です。文字通り弓矢を保管していた倉庫があったとのことです。この曲輪には、城主の新納時久の供養碑が建立されています。

④DSC_9061
④矢倉場から東側の空堀へ下ります。

⑤DSC_9066
⑤東側の空堀です。西側と比べて広くはないですが、広くないために逆に曲輪の上から狙われやすくなります。

⑥DSC_9071
⑥志布志城はこのような分岐が多数あって、案内板が無いと迷いそうです。

⑦DSC_9080
⑦本丸直下にあり、ここから四方に道が伸びています。左上へは本丸方面、右側は大空堀方面です。

⑧DSC_9089
⑧またまた分岐です。左は大空堀方面、右は中野久尾方面。城の東側を通って中野久尾へ向かいます。

⑨DSC_9105
⑨左端の階段を登り、右へ向かうと中尾久尾です。この道もあまり通りたくないですね、真上から狙い撃ちされます。

⑩DSC_9116
⑩折れ曲がりのある枡形虎口を進むと、立派な土塁を配した中尾久尾に着きます。本丸に次ぐ重要な曲輪ではないかと思われます。

⑪DSC_9118
⑪中尾久尾の内部から虎口側を眺めたところです。

⑫DSC_9131
⑫大空堀。左下は田屋敷方面へ至ります。

⑬DSC_9155
⑬大野久尾。この日はいい天気でした。

⑭DSC_9160
⑭大野久曲輪の南側全景。雑草が生い茂っていて遺構の確認は難しいです。

⑮DSC_9166
⑮大空堀に戻ります。

⑯DSC_9195
⑯本丸直下の虎口様子。

⑰DSC_9200
⑰本丸の様子。

⑱DSC_9230
⑱本丸南の曲輪の案内板

⑲DSC_9234
⑲本丸南の曲輪の様子。中央右に本丸へ至る階段が見えます。この曲輪は本丸から突き出ている様子から馬出しのように思われます。

⑳DSC_9242
⑳大手口方面に降りていきます。

DSC05450.jpg
おまけ1  さつま芋スナックこんがりとん
鹿児島のおみやげ、かみさんが買ったものです。サブレです。
僕はサブレとかクッキーなどはあまり好きではないので、この手のお菓子は買いません。
鹿児島であれば、やっぱり、かるかん ではないかと、

DSC05451.jpg
おまけ2 恋もっち芋甘納豆
鹿児島のおみやげ その2、このお菓子もかみさんが選んだもので、さつま芋の甘納豆?
これはうまそうですが、いつの間にか家族で食べられてしまって、無くなっていました-_-;

最後まで見て頂きありがとうございます。
スポンサーサイト

名古屋・神戸出張 

本日大型台風が九州に接近しましたが、幸い長崎では大した影響はなかったようで、風がちょっと強かったかな、という感じでした。我家はマンションなんですが、外が暴風雨でも、室内は何も無かったかのように生活できてしまうので、このときばかりはマンションで良かったなぁ~と思ってしまいます。これから関西、関東へ接近するようですので、そちらの方々は十分にお気をつけください。

さて、長崎では、長崎一番のお祭り「おくんち」が終わりました。今年は僕の中で最も印象に残らない「おくんち」となりました。仕事が多忙というのもあるのですが、開催日の3日間共に平日であったこと、踊り町となった会社の人や知り合いが今年はおらず、あまりおくんちの話題にならなかったこと、なんとも残念。

先日、名古屋、神戸に出張。名古屋はたぶん会社に入って初めてかと。仕事帰りにほんのちょっと名古屋城へ行ってきました。

DSC05551.jpg
僕は飛行機好きなので、出張はけっこう楽しみだったりします。まずは、名古屋へ飛びます。長崎→名古屋は2便/日、全日空の737。20年ぐらい前は、長崎からでも4発ジャンボや、3発のトライスター、双発767など色々楽しめましたが、最近は双発機ばかりで形も似たり寄ったりであまり楽しくないですね。

DSC05568.jpg
大分県、国東半島です。中央下に大分空港が見えます。地図と同じ地形が確認できたりするといっそう楽しめます^_^;

DSC05583.jpg
翼とエンジンを入れて撮影。

DSC05595.jpg
中部国際空港に到着。セントレアと言うんでしたよね。展望デッキは広々としていて、防護フェンスの鉄線の間隔が広いので自由に撮影できるところがいいです。

DSC05596.jpg
国際線も充実しているようですし。手前はデルタ航空。

DSC05603.jpg
乗ってきた飛行機。

DSC05614.jpg
そして名古屋城。二の丸南の空堀。

DSC05615.jpg
二之丸大手二之門。既に街灯が灯り、鑑賞する時間もあとわずか...

DSC05631.jpg
正門まできましたが、既に閉館。復元御殿を見たかったのに、残念!

DSC05633.jpg
せめて立派な石垣を鑑賞して退散。

DSC05643.jpg
最後は、おみやげ。神戸から長崎へ戻る出張でしたので、神戸空港でおみやげを物色。子供が喜びそうな、関西限定「じゃがりこ」。名古屋からの長崎に戻る出張であれば、大好物の「ゆかり」をもれなく購入しますが、残念です。それと、赤福も好きなんですが、神戸空港にも売っているものの、この時間だとまず売り切れです。

DSC05644.jpg
今回はこんなお菓子も購入。

岩屋山(長崎市) 

まずは、御嶽山の噴火で、お亡くなりになられた方、 そのご家族の皆様に、同じ山を愛する仲間として、謹んでお悔やみを申し上げます。

今日朝起きてみるとあまりの天気の良さに誘われて岩屋山に行ってきました。山は5月以来、岩屋山は11月以来のようで、久しぶりの山登りとなりました。
山仲間の同僚Rさんを誘ってみましたが、奥様の許しがもらえなかったようで、残念ですが単独登山となりました。Rさんは先月第二子が誕生されて、山どころではないようです。

①DSC05673
長崎北高校近くの貯水タンク?脇から登ります。左の山が岩屋山。山頂は手前の山に少々隠れているようです。写真の通り空は真っ青、サイコーの天気です♪

②DSC05697
山頂の案内版。今回は右下の長崎北高校から左下の上浦町と書かれているコースを選択(見難いですが)。岩屋山一帯は九州自然歩道の一部に指定されています。

③DSC05693
山頂から長崎港方面の眺め。今日はあまり霞んでおらず、遠望できます。

④DSC05703
既にお昼を過ぎましたが、この季節、この天気にしては少々客入りが少ないようです。九州各地の山々に遠征されているのかもしれません。

⑤DSC05708
と思ったら、続々と登ってこられています。

⑥DSC05732
気持ちよい風に加えて、木漏れ日の中を歩く、このコースは最高です!

⑦DSC05722
今日のお昼はおそばのカップラーメンとおやつはバームクーヘンなど色々。

⑧DSC05647
久しぶりに山靴を購入。ハイキング&山城用に軽い靴を選んでみました。1万円以下の安い靴で、今回初めて履いてみましたが特に問題なし。

⑨DSC05753
今日の長崎の様子。客船が入港していました。調べてみると、サファイア プリンセス、イギリス船籍、115,875t。長崎の三菱重工業で建造された船で、里帰りですかね?
ちなみに、中央右に写っている緑色のクレーンですが、「ジャイアント・カンチレバークレーン」というらしいのですが(たぶん)、世界遺産登録を狙っている、「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」のひとつらしいです。ご参考まで。

⑩DSC05765
長崎の町並みを少々アップ。それにしても、山の上までよく家を建てたなと思います。

⑪DSC05654
最後に東京勤務の仲の良い同僚の女の子からお土産を頂きました。

⑫DSC05659
まめたい焼き「鉄子」????女性の鉄道オタクと関係があるのか無いのかわかりません。お店は東京にしかないようで、初めて知りました。小ぶりなサイズともちもち感が女性うけするのかもしれません。おいしく頂きました、ありがとう!
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2014/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲