石垣の美 久留米城(福岡県) その1 

長崎では梅雨もやっと明けましたが、一転して日中は暑すぎです、皆さん熱中症には注意してください。

さて、5月に福岡県と熊本県境付近のお城に登城してきましたので紹介します。今回登城したのは、久留米城、柳川城、鷹ノ原城、田中城、隈部氏館、鞠智城の6城。7世紀に築城された古代山城から近世城郭、山城や平城まで、バラエティーに富むお城の数々でした。まずは久留米城から。

久留米城は、江戸時代に久留米藩の有馬氏が約250年間治めた居城跡です。筑後川ぞいの小高い丘陵地であったため、小規模な城郭があったようですが、近世城郭として改修したのは、天正15年、豊臣秀吉の九州国割により入城した毛利秀包と伝えられています。その後、慶長6年に関ヶ原の戦いの功績により田中吉政が、元和7年、有馬豊氏が入城し、有馬氏により幕末まで続いたようです。

久留米城本丸縄張り
写真撮影場所を赤い丸囲み番号で示しています。場所はおおよそ正しいとは思いますが不正確な場所もありますので参考程度にご覧下さい。(クリックすると拡大します)

①D70_2357_150501_2455
①月見櫓の高石垣。ここの直ぐそばに駐車場があり8台ぐらい停めることができます。駐車場に着いて早々にこの高石垣に圧倒されます。

②D70_2373_150501_2471
②月見櫓脇の東御門から登城します。

③D70_2380_150501_2478
③東御門を登り上がると右側に月見櫓へ上がる雁木が見られます。

④D70_2383_150501_2481
④月見櫓の石碑

⑤D70_2384_150501_2482
⑤月見櫓跡。二階建ての櫓が建てられていたそうです。

⑥D70_2398_150501_2496
⑥北東隅にある艮櫓の方向を眺めてみました。艮は「うしとら」って読むらしいのですが、丑寅と同義で、北東をさす言葉とのことです。勉強になります。

⑦D70_2407_150501_2505
⑦艮櫓の手前に積まれている石垣。中途半端な場所にあって、多聞櫓の南端の石垣でしょうか。

⑧D70_2409_150501_2507
⑧艮櫓の手前の石垣。隅石を見ても立派な切石です。

⑨ D70_2447_150501_2545
⑨南東隅にある巽櫓(たつみやぐら)付近の石垣です。この付近の石垣は重層かつ複数の折れがあってお勧めの場所です。

⑩D70_2481_150501_2579
⑩算木積みの隅石。

⑪D70_2463_150501_2561
⑪巽櫓東側の石垣。

⑫D70_2464_150501_2562
⑫同じく巽櫓東側の石垣。

⑬DSC_0172_150501_3320
⑬巽櫓下の腰曲輪の切石。

⑭DSC_0174_150501_3322
⑭巽櫓の石垣。

D70_4593_150727_4703.jpg
おまけ1
7月末に熊本県 阿蘇に一泊で家族旅行してきました。残念ながら雲に遮られて雄大な景色を拝むことはできませんでしたが、それでもカルデラ山の阿蘇には圧倒されますね。

D70_4636_150727_4746.jpg
おまけ2
天空の道 ラピュタロード。ここも残念ながら通行止め(>_<) ちょっとこの写真では天空になってませんね

D70_4580_150727_4690.jpg
おまけ3
かみさんが行きたいと言っていた。南小国町にあるパン屋さん。

D70_4577_150727_4687.jpg
おまけ3
お店の外にリンゴの木がありました。

D70_4679_150728_4789.jpg
おまけ4
お店の名前のとおり看板商品はアップルパイのようですが、メロンパンは買ってもアップルパイは買わずじまいのようです。

D70_4647_150727_4757.jpg
おまけ5
今日のお泊りはここ。

D70_4775_150808_4885.jpg
おまけ6
最後に本日の長崎港の様子。長崎市秋月町あたりから撮影。客船「マリナー・オブ・ザ・シーズ」138,279tが入港中。手前の岸壁の長崎造船所には、天然ガスを運搬する船が泊まっています。

最後まで見て頂きありがとうございました。
スポンサーサイト
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07« 2015/08 »09

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲