FC2ブログ

棚底城(熊本県天草市) 

こんにちは
台風12号が本州に接近、九州北部にも来襲するようです。特に先日の西日本豪雨に見舞われた方々への二次被害が心配されます。


さて、先日この暑いさなか、蚊や蜂、クモの巣を覚悟しつつ天草の山城に登城してきました。長崎から天草へは茂木-富岡間の高速船を利用するのが最短ルートなのですが、船のダイヤの関係で滞在時間は7時間程度。今回は河内浦城、久玉城、棚底城の三か所を巡ってきましたが、見どころ多い棚底城をご紹介します。


戦国時代の天草は、天草氏、志岐氏、上津浦氏、栖本氏、大矢野氏による天草五人衆により治められており、棚底城は上津浦氏(こうつうら)の一族の居城でした。「八代日記」によると1544年から1560年にかけて、上津浦氏と栖本氏により城をめぐって戦いが行われたそうです。
棚底城は東西340m、西側にある標高90mの主郭(Ⅰ郭)から東に向けて階段状の郭が連続して下っている縄張りになっています。


国指定史跡ということもあり、草木は掃われ、散策しやすく、また、遺構の改変は少なく現状を留めており、お勧めのお城です。
よろしければ本ブログ巻末の地図と併せてご覧下さい。



01_D70_9585.jpg

01 棚底城全景。南側から撮影してみました。



02_D70_9415.jpg

02 石碑と駐車場。軽自動車だと5台ぐらいは止めれそうです。駐車場は城の東端にあります。



03_D70_9416.jpg

03 登城口は駐車場のすぐ脇にあります。



04_D70_9417.jpg

04 郵便受けにビニール袋に包まれたパンフレットが置かれています。ただ、パンフレットは湿気でくっついていました。最近はネットで情報が入手できるのであまり必要性は感じません。



05_D70_9421.jpg

05 しばらく登るとⅧ郭に到着。国の指定史跡なので、きれいに整備されています。写真右がⅧ郭。奥のほうにⅦ郭が写っています。



06_D70_9427.jpg

06 Ⅶ郭です。おそらく築城前はなだらかに登っていたと思いますが、削平していくつかの郭を整備したのでしょう。



07_D70_9435.jpg

07 Ⅶ郭の石積はこんな感じです。右上にⅥ郭の石積が少し見えています。



08_D70_9449.jpg

08 更に登るとⅥ郭に到着。Ⅵ郭の石積と奥にⅤ郭の側面部が見えています。Ⅴ郭の東側に石積はなさそうです。



09_D70_9459.jpg

09 更に進みます。写真左側がⅤ郭で、右の高いところがⅣ郭です。



10_D70_9462.jpg

10 Ⅵ郭からの眺めです。郭は木々に囲まれていて視界は限られています。



11_D70_9473.jpg

11 Ⅳ郭の様子です。この郭は主郭(Ⅰ郭)に続き城内でも広い郭のようです。説明板によると、熱を受けた陶磁器の破片が多く出土されているとのことで、広い郭を持つこのⅣ郭に生活の場があり、また、戦いが行われたのでしょう。



12_D70_9479.jpg 

12 更に進むとⅢ郭が見えてきます。見えにくいですが奥にⅡ郭・Ⅰ郭が続いています。沢山の郭が続き見どころが多い城です。Ⅲ郭は石積で郭を補強しています。補修工事のためかビニールシートで囲われています。



13_D70_9486.jpg

13 Ⅲ郭の左側の登城道を通ってⅢ郭に入ります。Ⅱ郭は目の前です。



14_D70_9501.jpg

14 Ⅱ郭からⅢ郭とⅣ郭を見下ろしてみました。



15_D70_9506.jpg

15 やっと主郭(Ⅰ郭)が見えてきました。主郭は写真右側の登城道へ回り込み東側から登ります。



16_D70_9512.jpg

16 主郭東側に回り込んできました。



17_D70_9517.jpg

17 主郭北側には珍しい遺構が残っていて。説明板によると三重横堀とのこと。主郭北側の防御のため三重の横堀と土塁が造られているようです。写真は二つの横堀を写したものですが、遺構はかなり改変されていると思いますが、今でも高いところは背の高さを越える場所もあります。



18_D70_9535.jpg

18 そしていよいよ主郭へ



19_D70_9541.jpg

19 主郭の様子です。主郭は小さい3つの郭で構成されています。説明板によると沢山の柱穴が見つかっており、城主の館があり、建物が幾度も立て替えられたのではないかとのこと。また、茶道具の破片が出土されており、茶の湯が行われていたようです。



20_D70_9551.jpg

20 主郭西側には小規模な桝形虎口っぽい遺構が見られます。主郭西側には帯郭や小さい郭が造られていることから、ここから出入りしたのでしょうか。



21_D70_9527.jpg

21 主郭北西にある堀切



22_D70_9584.jpg 

22 民家の石垣。お城仲間の方によると倉岳おろしという強風を避けるための石垣とのことです。




棚底城のマップ
01_map_tanasoko.jpg

※天草市役所観光文化部文化課発行のパンフレットから抜粋させて頂いております。



棚底城の場所

最後まで見て頂きましてありがとうございました。


スポンサーサイト

諏訪原城 (静岡県)② ~思い出の名古屋勤務シリーズ~ 

こんにちは。それにしても毎日暑いですねぇ。


最近ちょっと体調が悪くて外出は控えておりますが、たまに外出するとじっとりとした熱風で体力を奪われて長い外出は危険を感じますね。
地球温暖化の影響もあるかと思いますが、この先どんな暑さになるのか怖くなります。

さて、思い出の名古屋勤務シリーズ、静岡県・諏訪原城の第二回です。本曲輪から二の曲輪へ戻り、南側の丸馬出を鑑賞します。
よろしければお付き合い下さい。



01_D70_4164.jpg

01 順路に沿っていよいよ本曲輪に進みます。


02_D70_4165.jpg

02 本曲輪の西側から東側に進むと土塁らしきもの発見。


03_D70_4172.jpg

03 更に東側に進むと石塁で組まれた高まりがあります。往事の遺構か近代の遺構かよくわかりません。


04_D70_4179.jpg

04 近くに寄ってみるとこんな感じです。


05_D70_4185.jpg

05 本曲輪の東端に来ました。写真左側に土塁がありその右側は本曲輪の外郭にあたります。写真中央右の石塁で組まれたスロープが気になるんですが、なんでしょうかね。


06_D70_4181x.jpg

06 本曲輪外郭からの眺め



07_D70_4187.jpg

07 本曲輪外郭南側に設置されている説明版


08_D70_4195.jpg

08 二の曲輪方面に戻ります。写真奥に本曲輪と二の曲輪を分かつ内堀が見えています。


09_D70_4197.jpg

09 二の曲輪へ戻るため、一旦、内堀へ降りて、二の曲輪へ登ります。


10_D70_4199.jpg

10 内堀の底にはカンカン井戸と呼ばれている井出があります。


11_D70_4203.jpg

11 カンカン井戸付近から水の手曲輪へ下りることもできます。


12_D70_4211.jpg

12 二の曲輪に戻ってきました。写真右端に二の曲輪を分ける土塁が写っています。


13_D70_4217.jpg

13 二の曲輪の西端です。土塁の様子がわかりますね。


14_D70_4225.jpg

14 土橋向かい側にわたると二の曲輪大手馬出です。


15_D70_4228.jpg

15 二の曲輪との曲輪大手馬出を分ける外堀です。この後、諏訪原城南側の馬出を鑑賞します。


16_D70_4241.jpg

16 二の曲輪南馬出です。なんともつかみにくい写真で申し訳ありません。もちろん馬出の周りには堀が取り巻いているのですが、この写真ではよくわかりませんね。


17_D70_4262.jpg

17 二の曲輪東内馬出です。諏訪原城の南側の馬出は、南馬出、東馬出、東内馬出の3つの小規模馬出が築かれており、他の大規模馬出と比べて対照的で楽しめます。この東内馬出の外に更に東馬出で防御がなされていることから東内馬出と呼ばれているようです。
写真左の堀は相当埋まっていますが、おそらく往事は深かったと思われます。


18_D70_4297.jpg

18 二の曲輪南側の外堀です。僕はどちらかというと石垣のあるお城が好きなんですが、この諏訪原城を見て土の城もいいなぁとあらためて感じました。


19_D70_4288.jpg

19 諏訪神社の鳥居と諏訪原城の石碑


20_D70_4289.jpg

20 最後は諏訪原城の石碑のアップでお別れです。



<場所>

最後まで見て頂きましてありがとうございました。
次回は奈良県・高取城の予定です。


諏訪原城 (静岡県)① ~思い出の名古屋勤務シリーズ~ 

西日本豪雨により、亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、名古屋で一緒に仕事をさせて頂いた同僚の自宅も水没しており、被災地の一刻も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。


さて、思い出の名古屋勤務シリーズ第二回は、静岡県・諏訪原城。


武田流と伝えられる巨大な丸馬出と空堀をぜひこの目の鑑賞したく登城しました。

諏訪原城の近辺は掛川、高天神、横須賀など著名で、かつ、バリエーションに富む多彩な城郭を鑑賞できる、おすすめの地域です。


諏訪原城は、1573年(天正1年)に遠江に侵攻した武田勝頼により、高天神城攻めの陣城として、また徳川方の城である掛川城、久野城のけん制のために、武田信玄の重臣・馬場信春に命じ、築城したとされています。
だが、1575年(天正3年)に長篠の戦で武田方が敗れると、戦局は一転、同年、徳川家康により落城、その後、駿河侵攻のための前線基地として改修、1581年(天正8年)に武田方の高天神城が落城すると、その役割を終え、徳川家康が関東移封された1590年(天正18年)頃に廃城になったとされています。



01_D70_4035.jpg

01 諏訪原城の駐車場。普通車であれば10台ぐらいは停められそう。手前のスペースがもったいないですが、来訪者は少ないのでしょうかね。


02_D70_4040.jpg

02 駐車場の傍に案内板とパンフレット置き場が設置されています。諏訪原城の本曲輪方面は写真奥ですが、写真中央に既に堀跡が見え、気分が高まりますね。



03_D70_4043.jpg
03 駐車場の傍にある南大手の外堀。

04_D70_4046.jpg
04 この堀もそうだと思います。でも、相当埋まっていますね、往時はもっと深かったと思いますが。

05_D70_4052.jpg
05 順路に沿って、北側の丸馬出しへ向かいます。写真左端に茶畑が見えています。静岡県に来てびっくりしたのは、この諏訪原城近辺の城へ移動する際、茶畑だらけで、改めて静岡県にきたんだなぁ~感じましたね。

06_D70_4062.jpg
06 しばらく順路に沿って歩くと左側に石碑と案内板を発見

07_D70_4057.jpg
07 案内板

08_D70_4074.jpg
08 石碑、案内板を過ぎると城の北側にある、二の曲輪中馬出に到着。写真の案内板は「二の曲輪北馬出」と表記されていますが、「二の曲輪北馬出」は二の曲輪中馬出の更に北側にあります。


09_D70_4076.jpg
09 写真では知っていたものの、実際にこんな大規模な丸馬出を見たのは初めてなので感激です。

10_D70_4086.jpg
10 二の曲輪中馬出を北端から南側に眺めたところです。どこらみても惚れ惚れしませんか。

11_D70_4089.jpg
11 二の曲輪北馬出の西側の空堀です。

12_D70_4095.jpg
12 二の曲輪北馬出です。復元された門がポツンと建てられています。

13_D70_4101.jpg
13 二の曲輪北馬出から二の曲輪中馬出を眺めてみました。馬出を東西の深いの空堀が挟んだ様子がよくわかります。

14_D70_4117.jpg
14 二の曲輪中馬出から二の曲輪へ渡り、二の曲輪から二の曲輪北馬出方面を眺めたところです。どこから見ても凄くて興奮しきりなんですけど。

15_D70_4120.jpg
15 同じく二の曲輪から、二の曲輪北馬出と二の曲輪中馬出の真ん中付近を撮影してみました。この写真向かいの木々もアクセントになっていませんかね。

16_D70_4123.jpg
16 二の曲輪の北側を撮影したものです。北側だけですけど広っ。

17_D70_4126.jpg
17 で、こちらが、二の曲輪の南側。土塁が見えますが、その土塁の先にも、くの字型に折れた曲輪が続いていて、兵を駐屯させるにはいい広さだなぁと思います。

18_D70_4149.jpg
18 そして、いよいよ土橋を通り、本曲輪へ進みます。

19_D70_4151.jpg
19 二の曲輪と本曲輪を分かつ空堀も広くて深く見事です。


<場所>

最後まで見て頂きましてありがとうございました。
次回は静岡県・諏訪原城 その2の予定です。


| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
06« 2018/07 »08

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳過ぎのオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲