城山(佐賀県鳥栖市)その1 

5月2日に佐賀県鳥栖市の城山(じょうやま:498m)に登ってきました。この山の山頂近辺には勝尾城という山城もあり、山登りと城めぐりが好きな僕にとって一石二鳥で楽しめる贅沢な山です。会社の同僚のRさんも誘って登ってきました。今回は城山を中心に紹介して、勝尾城はまた別途紹介します。
コースタイムは以下ですが、お城の遺構を散策しながらの登山でしたので、あまり参考ならないと思います。
・登山口    9:43
・十三仏・滝  9:58
・大手曲輪  10:27
・山頂着   10:57
・山頂発   12:48
・林道合流  13:19
・林道トンネル13:26
・筑紫神社  13:45
・登山口   13:47

DSC04931.jpg
中央奥の少々霞んでいる山が城山。

鳥栖市城山コース
今回のコースです。往路の滝を通る谷ルートが少々東にズレているような...
丸囲み番号は各コメント頭に付加している番号の場所と一致させています(但し、だいたいの場所しかわからないところもありますので目安程度にしてください)

01_DSC04623.jpg
①登山口の駐車場。広いです。40台ぐらいは停められそう。既に先客2台。写真中央奥から登ります。城山を目指して登る方はあまりおらず、城山は九千部山へ登る通過点としている方が多いのではないでしょうか。九千部山へは3~4時間あれば登れる手ごろな山で機会があれば登ってみたいです。

02_DSC04627.jpg
②登り口の鳥居付近に設置してある案内版。かなり大雑把ですが全体像は掴めます。我々は筑紫神社から城山への往復となります。

03_DSC04630.jpg
③筑紫神社の鳥居です。ここが登り口になります。

04_DSC04632.jpg
④筑紫神社。昔はこの一帯を治めていた筑紫氏の館跡があったとのことです。城山へは二つのコースがあるようですが、我々は右のコースへ。

05_DSC04634.jpg
⑤ここにも案内板。右の赤いコースを進みます。赤いコースは少なくとも2つのコースがあるようで、途中滝を通る谷コースと尾根コースがあるようです。(この案内板は谷コースのようです)
今回行きは谷コース。帰りは尾根コースを選びました。

06_DSC04661.jpg
⑥しばらく進むと滝が現れます。夏場は涼しくて格好のオアシスになりますが、まだ今はそんな時期ではありません。

07_DSC04664.jpg
⑦この滝の脇には十三仏が祀られています。

08_DSC04670.jpg
⑧滝がある谷筋を離れ尾根を上がり城山へ進みます。

09_DSC04675.jpg
⑨ここ城山近辺は大岩があちらこちらにゴロゴロころがっています。

10_DSC04684.jpg
⑩勝尾城の大手曲輪。城での正門です。重要な門ですので石垣が多数残っています。中央が会社の同僚のRさん。

11_DSC04715.jpg
⑪写真上部の明るくなっているところが城山山頂。もう少しです。山頂が勝尾城の本丸にあたります。ここにも大岩がゴロゴロ。

12_DSC04725.jpg
⑫山頂南側。

13_DSC04726.jpg
⑬山頂北側。

14_DSC04731.jpg
⑭山頂の南側には物見岩と呼ばれている場所があり、ここも大岩がゴロゴロ。

15_DSC04732.jpg
⑮城山498m。「じょうやま」と呼ぶようです。長崎市内にも城山という町名がありますが、「しろやま」と呼びます。ウィキペディアによると城山って山は全国に276山あって最多だそう。やはり山城に由来するものが多数のようです。

16_DSC04733.jpg
⑯物見岩からの山頂からの眺め その1。

17_DSC04736.jpg
⑰物見岩からの山頂からの眺め その2。山頂への滞在中に3名の方が登られてきました。

次回に続きます。

スポンサーサイト
城山(佐賀県鳥栖市)その2 | HOME | 石垣の美 獅子城(佐賀) その3

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

鳥栖市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2014/05/05(月) 09:00:40 | ケノーベル エージェント
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲