石垣の美 魚見岳台場(長崎市) 

梅雨の中休み。土日の長崎はいい天気でした。今日、長崎市戸町への用事のついでに魚見岳台場(うおみだけだいば)に寄ってきました。
台場とは、異国船の打ち払いなどを目的とした砲台のことで、長崎では江戸時代 鎖国の中唯一の海外との窓口としての警備のために設置されたものです。もしかして砲台の残骸が残っていると思いきや砲台はおろか台座も残っていませんでした。ただ、すばらしい石垣が良好に残っていました。
台場というと、東京のお台場が有名ですが、まだ遺構が残っているとのことですので、いつかは訪れたいと思ってはいますが、いつの日になることやらです。

①DSC_7908
三の増台場下の案内版です(クリックすると拡大します)。上から下へ一の増台場、二の増台場、三の増台場と呼ばれています。一の増台場の左側に火薬を保管していたといわれる御石蔵があります。その下にも小屋があったとのことですが、何もなく、草に覆われて入ることができませんでした。もともと長崎には、承応2年に作られた古台場(7箇所)、文化5年に作られた新台場(5個所)、文化7年に作られた増台場(4個所)、嘉永6年に作られた佐賀台場(3個所)の4種に分けられ、魚見岳台場は文化7年に作られた増台場のひとつです。

②DSC_7882
魚見岳台場入口。ちゃんと案内版に加えて、説明版も設置されています。右の橋は女神大橋。

③DSC_7886
案内板に沿って進みます。

④DSC_7894
急な坂道を登ります。

⑤DSC_7898
数分でまず三の増台場にたどり着きます。眺めがよく女神大橋や長崎港を行き来する船を楽しむことができます。

⑥DSC_7914
三の増台場全景、三つの増台場の中ではもっとも小規模です。左端には石碑が設置されていました。

⑦DSC_7912
三の増台場を下から見上げたところです。天守台石垣と言いたい所ですが、残念ですが違います。

⑧DSC_7918
三の増台場からさらに登っていくと二の増台場が見えてきます。

⑨DSC_7923
立派な石垣が現れます。お城の石垣とは違うので中央の階段も枡形や折れ曲がりなど戦闘的な城の特徴を持ちません。

⑩DSC_7925
でも、立派で美しい高さのある石垣です。

⑪DSC_7985
こんな立派な石垣があるとは思いませんでした。

⑫DSC_7935
二の増台場へ上がる階段。

⑬DSC_7938
二の増台場から南側を撮影。

⑭DSC_7942
二の増台場からこの階段で一の増台場へ。

⑮DSC_7944
一の増台場の前面(西側)の石垣。

⑯DSC_7951
一の増台場中央から北側を撮影。

⑰DSC_7950
一の増台場南側の石垣。この石垣も綺麗です。

⑱DSC_7958
一の増台場の北側にある御石蔵。火薬庫として使われていたようです。江戸時代に作られた総石造り小屋を見たのは記憶に無く、興味深く拝見させて頂きました。

⑲DSC_7955
御石蔵の案内版。

⑳DSC_7995
最後に三の増台場から眺めた景色。対岸にも台場跡があるようです。

最後までに見て頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
客船など | HOME | 石垣の美 葛籠城(つづらじょう)(佐賀県)

COMMENT

こんばんは。
読んでいて、自分が行った気分になりました(^o^)
石垣、見事ですね(^^)d

東京の台場は、行ったこと有ります(^-^ゞ
台座、残ってましたよ(^o^)

色々な所に台場あるんですね!

2014/06/30(月) 21:23:58 | URL | 市佑聖 #- [Edit]
こんばんは、
コメントありがとうございます。
しっかりとした石垣と石造りの小屋に満足の訪問でした。台場は城と比べると優先順位が低いので、これまで訪問していませんでしたが、意外と侮れないなぁというのが感想でした。
地元の長崎でさえ、この調子ですので、きっと日本全国には面白いものが沢山あるんでしょうねぇ^_^;
2014/06/30(月) 22:11:22 | URL | しんこう #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲