石垣の美 帯隈山神籠石(佐賀県) 

今日から5日間のお盆休みに入ります。どうやら明日から雨のようですが、毎年8/15に行われる長崎の伝統行事「精霊流し」は雨が心配です。精霊流しは、初盆を迎えた故人の霊を弔うために、盆提灯や造花などで飾られた精霊船を造り、爆竹を鳴らしながら精霊船を曳き、街中を練り歩き極楽浄土へ送り出すというものです。精霊船は複数の船を連結した数十メートルを越える船から、一人で持てる小さな船まで様々です。しめやかな目的とは裏腹に、派手で楽しめる行事なのです。
また、長崎ではお盆の墓参りでも爆竹、ロケット花火(長崎では「やびや」といいます)、小型の打ち上げ花火を上げたりします。県外でそのような話をするとビックリされます。

さて、先月7/20に帯隈山神籠石に行ってきました。帯隈山神籠石は「おぶくまやまこうごいし」と読みます。
神籠石とは、山腹を取り囲むように切石を並べたもので、山の谷部は水が流れ込むため水門があったり、城門跡が確認されている場所もあるようです。当初は、字面の通り、神様が籠る石と書くので、列石の中は神聖な場所として考えられたようですが、発掘の結果、列石は土塁の基礎であることが判明し、現在では山城説が有力となっています。

神籠石は白村江での大敗を機に北九州の防備を固めるために、大野城や基肄城などと同じ6世紀から7世紀にかけて築城されたものと考えられており、西日本から北部九州にかけて十数か所確認されているようです。

帯隈山神籠石は、標高177.3mの帶隈山と南側の丘陵部の腹部を縫うように花崗岩の切石が全長約2.4kmにわたって並べられています。

DSC_8634.jpg
帯隈山と神籠池。神籠池は農業用水確保のために作られたため池で、工事中に神籠石が発見されたことにより神籠池と名づけられました。

DSC_8593.jpg
県道51号線沿いに案内板が設置されています。

DSC_8636.jpg
この道を進むと、神籠池の堤防上にたどり着きます。

DSC_8626.jpg
これが神籠石です。土に埋まっていて全体を確認することができませんでした。

DSC_8625.jpg
少々拡大したところ。

DSC_8624.jpg
引いて写してみました。

DSC_8612.jpg
ちょっと角度を変えて。本当はこのような切石が2.4kmにわたって並べられているのですが、土に埋もれていたり、藪が邪魔していたりで、思うように神籠石の確認ができませんでした。

DSC_8627.jpg
立派な石碑がありました。

DSC_8611.jpg
すぐ近くにも、別の石碑があります。

最後まで見て頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
石垣の美 高城(長崎県諫早市) | HOME | 石垣の美 岸岳城(佐賀県) その3 ・波多城ほか

COMMENT

こんばんは♪

白村江の戦い(゜ロ゜)
随分古くから有るんですね!
それだけ古いと埋もれちゃいますよね(^-^;
残っているだけでも凄いですね(^o^)
2014/08/13(水) 20:31:17 | URL | 市佑聖 #- [Edit]
こんにちは、
天気予報どおり長崎は朝から雨です-_-;
佐賀県、福岡県は、唐・新羅軍来襲の最前線なので、大野城、水城、基肄城など古い時代の遺構が数多く残っている地域です。ただ、ご覧の通り遺構があまり残っておらず、往時をイメージするのに限界がありますね。
2014/08/14(木) 11:23:50 | URL | しんこう #- [Edit]
しんこうさん こんにちは

さだまさしの精霊流しを聞くと「灯篭流し」の
しめやかな雰囲気を想像しますが、実際は派手に
やってるみたいですね
爆竹を使うというのも大陸の旧正月と似ています
やはり長崎は異国の文化が入り混じって独自の
文化が形成されているのだと感じています
精霊流しは、長崎が有名ですが、小生の故郷の
熊本でも行われているようです
小生は熊本市からかなり離れた僻地出身なので
見たことはないのですが...
2014/08/15(金) 23:12:30 | URL | 肥後ノ守(ひごのかみ) #- [Edit]
肥後ノ守さん
こんにちは、九州はすっきりしない天気が続いています。幸い精霊流しは小雨まじりだったようですが大きな問題もなく行われたようです。今年も変わった舟が流されましたが、故人がバスの運転手だようで、バス型とか。クリスチャンの方が十字架付の舟を流したりと、なんでもありの行事です^_^;

2014/08/16(土) 10:50:24 | URL | しんこう #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲