石垣の美 おつぼ山神籠石(佐賀県) その2 

おつぼ山神籠石の第二回目(最終回)です。前回は列石沿いに、反時計回りに東門まで進みましたが、今回は土塁、浦田堤、第二水門をめぐります。

otsuboyama_map02.jpg
写真撮影場所を赤い丸囲み番号で示しています。場所はおおよそ正しいとは思いますが、特に?マークがついている番号はかなり怪しいので参考程度にご覧下さい。(クリックすると拡大します)

①_DSC_0099_141230_710
①東門近くの列石。列石の上は土が盛られています。普通お城の城門は防備を固くするので、土塁なのでしょう。

②_01__DSC_0201_141230_139
②この場所は土塁と説明されています。基礎におおきなしっかりとした切石を使用しています。

③_02_DSC_0203_141230_141
③この写真は②の土塁を反対方向から撮影したものです。この付近は切石が土に埋まっていて見えなくなっています。

④_DSC_0105_141230_716
④石碑

⑤_DSC_0208_141230_146
⑤土塁を過ぎると切石が続きます。この付近も切石の上部は傾斜が緩やかななものの土が盛られているようで土塁と呼べるのかもしれません。

⑥_DSC_0112_141230_723
⑥この切石の上部に段差がつけられています。こういった切石を各所で見かけるのですが、目的がわかりません。

⑦_DSC_0216_141230_154
⑦切石が続きます。

⑧_DSC_0221_141230_159
⑧列石が一旦切れています。出入り口のようにも見えます。

⑨_DSC_0237_141230_175
⑨浦田堤と呼ばれています。

⑩_DSC_0242_141230_180
⑩浦田堤にも石碑があり、水門推定地と書かれています。水が山から流れ集まってくるところですので、水を排水する水門は必要なのでしょう。

⑪_DSC_0074_141230_012
⑪第二水門入口の石碑。この石碑の脇に数台の車が停められる駐車場があります。

⑫_DSC_0077_141230_015
⑫第二水門全景。この付近は山の谷部にあたるのでしょう。

⑬_DSC_0078_141230_016
⑬水門の排水口を拡大したところ。

⑭_DSC_0081_141230_019
⑭向かって左側の様子。強度を増すために段々状の石組みにしているのでしょうか。

⑮_DSC_0094_141230_032
⑮水門上部。第一水門同様、排水口上部は凹んでいます。

⑯_DSC_0088_141230_026
⑯第二水門を右から左へ向かって見た様子。

以上、おつぼ山神籠石でした。
最後まで見て頂きありがとうございました。
スポンサーサイト
石垣の美 須古城(佐賀県)その1 | HOME | 石垣の美 おつぼ山神籠石(佐賀県) その1

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲