石垣の美 秋月城(福岡県)その1 

先月1月に筑前の小京都「秋月」を訪れました。
秋月は、1203年(建仁3年)に古処山に城が築かれてから秋月氏16代、その後、現在秋月城のある麓に城を移して黒田氏12代により治められました。町割り、道路や水路がほぼ当時のまま残り、武家屋敷や寺社、町屋などと共に重要伝統的建造物群保存地区として、歴史的景観を今に伝えている美しい町です。

秋月城は、古処山ほか三方を山に囲まれた盆地にあり、攻めにくく、守りやすい場所にあるためか、天守や高石垣、枡形虎口などの強固に城を守るための特徴がほとんど見られず、城というよりも陣屋と呼ぶほうが的を得ています。ただ、搦手口の長屋門と脇を固める櫓台石垣、そして搦手口へ続く石段は美しく趣きがあります。

本当は古処山城とあわせて訪れるほうが、秋月の歴史を深く感じることができるのでしょうが、古処山城は少々山深いので、次回、山登りとあわせての楽しみに取っておこうと思います。

①D70_0788_150110_870
①まずは秋月の町の入口にある眼鏡橋。1810年(文化7年)に長崎の石工を呼びよせて作られたそうです。

②D70_0795_150110_877
②秋月城への登城道。「杉の馬場」と呼ばれています。杉の木がたくさんあり春は観光客で賑わうのでしょう。

③D70_0812_150110_894
③秋月美術館の土塀。

④D70_0802_150110_884
④こういった水路が縦横にめぐらされています。背後は山ですので、水に事欠くことは無かったと思われます。

⑤D70_0841_150110_923
⑤秋月城北西角付近にある石橋。いい雰囲気を醸し出していましたので一枚パチリ。

⑥D70_0846_150110_928
⑥秋月城西側の石垣と水堀。右端は大手口の土橋です。

⑦D70_0848_150110_930
⑦北西隅の櫓台石垣。冬枯れた木々や遠くの山々と相まって滅びの美しさを感じます。

⑧D70_0853_150110_935
⑧⑥の写真にも写っていた土橋上部です。瓦を縦に埋めて土が流れ落ちないようにしています。ここは大手口ですが、橋を渡ってもその奥は石垣で通れなくなっています。でも、写真上部の石垣をよーく眺めてみると、入口は石垣で埋められていますね。

⑨D70_0854_150110_936
⑨大手道の土橋を南側から眺めたところ。

⑩D70_0862_150110_944
⑩秋月を紹介する写真としてほぼ登場する搦手口。たしかに長屋門と脇を固める櫓台石垣、そして搦手口へ続く石段は美しいと思います。
また、桜の花やモミジが色付く季節はいっそう美しいのでしょう。また、季節に応じて再訪したいと思います。

⑪D70_0868_150110_950
⑪搦手口向かって右の櫓台石垣。立派です。

⑫D70_0871_150110_953
⑫同じく⑪の櫓台石垣を別の角度から。

⑬D70_0907_150110_989
⑬更に⑪の櫓台石垣を内側から撮影したところです。僕の城めぐりの主なテーマは美しい石垣を鑑賞することなので、しつこく石垣を紹介します^_^;

⑭D70_0912_150110_994
⑭そして、⑪の櫓台石垣脇から堀を見下ろしたところです。

⑮D70_0878_150110_960
⑮現在秋月城は秋月中学校となっています。

<おまけ>
うちの会社のお隣の部に女性の部長がいて、けっこう仲良くして頂いているのですが、その部長に「やっぱり、おいしいお土産は、名古屋の「ゆかり」と伊勢の「赤福」ですよね。」などと、たまにくだらない話をしていると、このように名古屋出張の際に覚えていて頂いていて、買ってきてくれます。いつもありがとうございます! 

DSC06361.jpg

DSC06366.jpg

最後まで見て頂きありがとうございます。
秋月城 第二回に続きます。
スポンサーサイト
石垣の美 秋月城(福岡県)その2 | HOME | 石垣の美 須古城(佐賀県)その2

COMMENT

こんにちは♪
武家屋敷の写真、ちょんまげ姿の武士が出てきても違和感無いですね(^o^)
春になれば、また、違った景色になりそうですね♪
山城の方も気になります(^-^)
2015/02/25(水) 12:54:14 | URL | 市佑聖 #- [Edit]
市佑聖さま
いつもコメントありがとうございます^_^;
はい、特に登城道は往時の姿を残していて、いい雰囲気でした。観光客が多いのもうなづける町です。お城自体は多くの遺構がないので、町並みとセットで楽しむほうが満足感がありますね。山城は九州自然歩道の一部になっていて、ハイキングと併せて訪れたいです。
2015/02/28(土) 16:41:53 | URL | しんこう #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲