石垣の美 鵜木城・杷木神籠石(福岡県) 

ゴールデンウィークもあっという間に終わりました。あまりお出かけするつもりは無かったのですが、
連休初日に久留米城、柳川城、鷹の原城、田中城、隈部氏館、鞠智城、翌日に福岡城と、福岡県と熊本県境近辺のお城を中心に出陣してきました。結果的に充実したゴールデンウィークとなりました。

さて今回は松尾城に続き、福岡県の杷木町にある鵜木城、杷木神籠石に登城してきました。(ちなみに登城したのは1月です....)
神籠石は今回3例目。神籠石は7世紀の古代山城と考えられているようですが、文献に記録がないミステリアスな遺構なだけに、興味を持ってしまうものです。その神籠石跡に作られたのが鵜木城です。近くに長尾城があり、その出城と考えられているようです。

①D70_1707_150110_1789
①杷木神籠石の全体図。今回訪れたのは右端の第一水門だけです。鵜木城はその更に右側。

②D70_1706_150110_1788
②杷木神籠石の案内板。

③D70_1765_150110_1847
③杷木神籠石の第一水門。これまで見てきた神籠石の水門はきちんと石積みを行なっていましたが、この水門は改変著しいようです。

④D70_1769_150110_1851
④鵜木城の遠景。神籠石の案内版はあるものの鵜木城の案内板は見当たりませんでした。

⑤D70_1722_150110_1804
⑤複数の帯曲輪が階段状に取り巻いている様子がわかります。

⑥D70_1723_150110_1805
⑥この写真も帯曲輪の様子がわかります。

⑦D70_1725_150110_1807
⑦山腹から見下ろしたところです。

⑧D70_1734_150110_1816
⑧本丸直下の土塁。結構高いですね。

⑨D70_1737_150110_1819
⑨本丸の様子。左の建物に杷木神籠石の詳しい説明板が設置されています。

⑩D70_1739_150110_1821
⑩本丸直下の帯曲輪。土塁を積んで、堀のようになっています。

⑪D70_1756_150110_1838
⑪鵜木城の西側山腹に神籠石の列石が残されています。

⑫D70_1750_150110_1832
⑫7世紀に、こんな大きな石をたくさん加工、運搬、設置できたなぁといつも不思議に思います。

⑬D70_1753_150110_1835
⑬この付近は住宅地になっている上、国道も走っているためか、残念ですが切石は散逸してしまっているようです。

⑭D70_1762_150110_1844
⑭杷木神籠石の第一水門の全景。両脇に山が迫る谷部にあたり、水が集まるため、水門の必要性はよくわかります。

D70_3926_150510_4036.jpg
(おまけ1)
5/10は長崎港に珍しく客船がアベック入港していました。

D70_4015_150510_4125.jpg
右側の客船は、サファイア・プリンセス、 総トン数 115,875t、全長 290m、船籍 イギリス
左側の客船は、ロストラル、総トン数10,944t、 全長 142.1m、 船籍 フランス

D70_4038_150510_4148.jpg
稲佐山の山腹にあるホテル清風下の道路から撮影してみました。もうちょっと高いところから撮影できると客船と長崎港がもう少し現れていい写真になるのかもしれませんが、残念です。

DSC06409.jpg
(おまけ2)
二ヶ月ぶりの神戸出張。三宮駅前のそごうでお土産物色。懲りずに「赤福」(神戸とは関係ないですが....)と、ベアホリックの「ベアケーキ」。

DSC06412.jpg
かわいらしい形につい購入。

いつも見て頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
石垣の美 月隈城(大分県) | HOME | 石垣の美 松尾城(福岡県)その2

COMMENT

こんにちは!ご無沙汰してます!
GW充実できたみたいで何よりです(^^)

鵜木城、木々がないので帯郭が明確に解っていいですね(^-^)
山シーズンになったけど、藪化も進んでくるので見づらくなりますね(^^;

7世紀で進んだ技術力(石垣等)が有ったと言うことは、邪馬台国は九州に有ったのが有力なのでしょうか?なんて考えてしまいます(^^)
2015/05/17(日) 12:56:56 | URL | 市佑聖 #- [Edit]
市佑聖様
こんにちは、いつもコメントありがとうございます!
週末はネットしながら家でゴロゴロしていました。
木々があると邪魔なんですよね。公園になっているお城が多いと思いますが、桜植えたりして、肝心の石垣がよく見えずに困ることがよくあります。薮蚊の心配が少なくて、木々の立ち枯れている冬場が登城のシーズンだと思うのですが、これから少々つらいシーズンになりますね。
古い時代の歴史も少々興味はあって、本屋さんにいくと古事記や日本書紀をわかりやすく解説している本があるのですが、なかなか忙しくて、そこまで手が回ってない感じです。
2015/05/17(日) 16:23:51 | URL | しんこう #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲