石垣の美 宇土城(熊本県) 

桜が咲きはじめ、いよいよ春がもうすぐといった感じですが、まだ朝晩寒いですね。
皆さん体調に気を付けてくださいね。
同時に山城のシーズンも終わりに近づきます。これから夏にかけて草木が生い茂り、山城のある低い山に踏み込むのが難しくなる上、遺構が草木に隠れて鑑賞が限られてきます。

今日は今シーズン中にどうしても登城したかった長崎県大村市にある城の尾城に行ってきました。
人があまり踏み込まない山中にあるので遺構の残存状況もよく、石積、竪堀、土橋、堀切など城の構成要素をほぼ残している満足感のある城でした。おってご紹介したいと思いますが、いつになることやらです。

さて、昨年の夏に鹿児島に用事があり、熊本県の宇土城、宇土古城、八代城、人吉城、そして鹿児島県の知覧亀甲城、知覧城へ登城してきましたのでご紹介したいと思います。
ただ、半年も前の登城になるので、季節感の無いブログになりそうですが、ご勘弁ください。

まずは、熊本県にある宇土城から。宇土城といえば、熊本城に移築されたと言われている宇土櫓と、関ケ原で東軍に敗れた小西行長の居城として有名ですね。
また、平安時代まで遡るといわれている中世宇土城(一般的に宇土古城と呼ばれています)と戦国時代に築城された近世宇土城(宇土城と呼ばれています)の時代の異なる二つの城を併せて楽しめることもできます。今回は後者の近世宇土城の紹介となります。

①D70_5035_150813_5145
①本丸への階段。すぐ近くに駐車場があります。

②D70_5033_150813_5143
②案内板

③D70_5045_150813_5155
③本丸の様子。

④D70_5040_150813_5150
④本丸西側にある二の丸。現在は墓地になっています。

⑤D70_5051_150813_5161
⑤小西行長像。文禄・慶長の役では先鋒として奮戦したものの、関ケ原で西軍与し、破れ、六条河原で斬首されています。

⑥D70_5054_150813_5164
⑥帯郭

⑦D70_5056_150813_5166
⑦石垣ファンの僕にとって、本丸を取り囲む石垣は見どころです。

⑧D70_5062_150813_5172
⑧本丸南側の石垣

⑨D70_5063_150813_5173
⑨往時このあたりは水堀となっていたようです。

⑩D70_5065_150813_5175
⑩同じく本丸南側の石垣を別の角度から

⑪D70_5072_150813_5182
⑪隅石垣

⑫D70_5076_150813_5186
⑫案内版によると、往時の石垣は現在の二倍の高さがあったとのこと。

⑬D70_5085_150813_5195
⑬本丸南側の石垣

⑭D70_5104_150813_5214
⑭本丸北側の石垣。北側は広く石垣が残存していて最も見どころが多い場所です。

⑮D70_5100_150813_5210
⑮同じく本丸北側の石垣。折れが多用されています。

⑯D70_5116_150813_5226
⑯近年まで石垣はかなりの高さまで土で埋まっていたようですが、石垣が見えるように掘り返しているように見えます。

⑰D70_5136_150813_5246
⑰石積

⑱D70_5128_150813_5238
⑱最後に本丸北側の石垣の折れを鑑賞下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。次回が宇土古城を紹介します。
スポンサーサイト
石垣の美 宇土古城(熊本県) | HOME | 外海・大瀬戸の史跡を行く ~太田和氏館・下り山城~

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲