井手平城(長崎県佐世保市)後編 

こんにちは、今日長崎は雲一つ無いいい天気です。お出かけ日和なんですが、かみさんが車で外出しているうえ、家の雑用もあって今週末は家にこもりきりです(T_T)



さて、ゴルーデンウイークに登城した井手平城の後編です。今回は東出丸の南側と本丸をご紹介します。




0_D70_7930.jpg
井手平城遠景。南側からの撮影。二つ並んだ山の右側が本丸、左側が西出丸です。


①D70_7791
①前編では、東出丸の南側虎口までご紹介しましたが、虎口から更に南側を降りていきます。

更に南側に降りていくと、ここにも石仏があります。


②D70_7813
②しばらく降りていくと登城口が見えてきました。


③D70_7817
③写真②を降りて左側に進むとすぐに千人塚があります。千人塚は、1586年(天正14年)の大村・有馬・西有田・波多の連合軍より井手平城が攻められ、落城した際の戦死者の墓と伝えられています。


④D70_7815
④千人塚の説明板


⑤D70_7824
⑤井手平城の登城口は各所にあるようですが、本丸と東出丸に挟まれた南側の登城口です。


⑥D70_7830
⑥写真⑤から北側に進みます。左側が本丸。右側が東出丸です。両曲輪ともに切り立っていて、攻めるには難しいです。


⑦D70_7847
⑦谷道を登り上がると、水堀、土橋が現れます。写真右上へは本丸虎口へ至ります。


⑧D70_7846
⑧南側から北側へ撮影した水堀です。写真奥に東出丸へ渡る土橋があります。


⑨D70_7863
⑨写真⑦の土橋には水を通す排水口があり、埋もれないようにきちんと石積しています。


⑩D70_7914
⑩いよいよ本丸へ進みます。本丸の登城口ですが、虎口が大きく屈曲しています。往時と同じものか定かではありませんが、攻めにくいように工夫しているのだと思いますが、ただ、左上に続く本丸への登城道は真っ直ぐです。


⑪D70_7871
⑪写真⑩から登城道を真っ直ぐに登り上がると右手に石碑があります。その上には土塁が巡らされています。


⑫D70_7879
⑫本丸に入り左側の様子です。明瞭に土塁が残されています。土塁に沿って石仏もあります。


⑬D70_7880
⑬案内板


⑭D70_7882
⑭本丸中央部の様子。あまり広くないです。井手平城は本丸、東出丸、西出丸の三つの曲輪で成り立っていますが、各曲輪は水堀や切り立った空堀で分断されており、戦いの際には連携するのが難しく、守るには難しい城のように感じました。ここ本丸は多くの兵を配置することはできないので、南側を監視する出丸もしくは見張り台として機能していたのではないかと感じました。


⑮D70_7909
⑮本丸東側の空堀と土塁。


⑯D70_7896
⑯本丸南側の空堀と土塁。空堀はほとんど埋まっています。


⑰D70_7898
⑰本丸西側の空堀と土塁。


⑱D70_7885
⑱本丸虎口を内から外へ眺めたところです。


⑲D70_7916
⑲上宮神社へ戻ります。右は西出丸です。




縄張り図

idehira1_1.jpg 

※「長崎県中近世城館跡分布調査報告書Ⅱ(詳説編)」から転載させて頂いております。




所在地
これまでご紹介した写真の撮影場所をマークしてみました。写真説明の丸囲み番号と一致させています。



最後まで見て頂きましてありがとうございました。
スポンサーサイト
松山城(長崎県東彼杵郡波佐見町) | HOME | 井手平城(長崎県佐世保市)前編

COMMENT

井手平城、三郭一体
こんにちわ。
前・後編と楽しませていただきました。

井手平城、標高はさほどないのに、意外と切り立っている様子が窺えますね。・・にしてはホント守りづらそうな縄張りですね・・。
水堀と土橋の様子が古城らしくていいですね!

私は初夏まで山地の山城に登る予定です。
自前で縄張り図を描いていますので、一日一城、じっくりとその城とお付き合いしている時が至福の時です。(恥ずかしいので転載しませんがね(笑))
2017/05/28(日) 13:54:49 | URL | 久太郎 #- [Edit]
井手平城
久太郎さま

コメントありがとうございます!
井手平城は、鹿児島にある知覧城や志布志城に似た群郭式?タイプの城になるんでしょうか。長崎では珍しいというか記憶にないですね。
各曲輪も小規模で、落城すべくして、落城してしまったように思います。

そうですか、初夏までは山城大丈夫なんですね。長崎は標高の高い山城がほとんど無いので、既に暑くて、蚊やヘビも出没するので、藪漕ぎが必要な山城は厳しいですね。

なるほど、じっくり一日一城。広く浅くよりも、より深く。納得です。僕のおやじの実家が長崎県西海市という山の中にあって、城館もあるのですが、ほとんど書き物に残されていない、川津遺構や石塀などの石積文化が残っていて、深く調べてみようかと思案しているところです。

それでは!
2017/05/29(月) 00:29:57 | URL | しんこう #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲