苗木城(岐阜県中津川市) その1 <名古屋勤務シリーズ> 

こんにちは、せっかくの三連休ですがあいにくの雨ですね。滋賀・京都に観光の予定だったのですが中止やむなしです。

さて、9月に入って念願の苗木城、岩村城に登城してきました。何れも天守や櫓は無いものの、石垣がすばらしく、改変が少ない往時の雰囲気を残す、すばらしい山城です。
まずは苗木城からの紹介になりますが、見どころが多く3回シリーズとなりますので、よろしければお付き合いください。

苗木城は、天文年間(1532年~1555年)に遠山三人衆の一人遠山直廉(なおかど)の時代に築城されたと伝えられています。
直廉の養子の友忠は織田、豊臣、徳川の勢力争いに巻き込まれ、天正10年(1582年)に森長可より攻められ落城、川尻秀隆が入城ししましたが、関ケ原で東軍に与した友忠とその子の友政が苗木城を取り返し、その後12代に渡り苗木を治めました。


01_D70_0840.jpg
01 大矢倉から本丸への眺めです。写真奥の高台が本丸。

02_P9023377.jpg
02 中津川駅前。マイカーがないので公共交通機関での登城になります。中津川駅から苗木城の登城口となる苗木遠山資料館までタクシーで移動することにしました。所用時間は大体10分程度で2310円かかりました。帰りはバスの予定です。

03_D70_0715.jpg
03 苗木遠山資料館。まだ8時前後だったのでまだ空いていませんでした。車でこられる方はここ資料館にも停められますが、更に登り竹門手前の駐車場も台数が少ないものの駐車可能です。

04_D70_0728.jpg
04 竹門手前にある倉庫の側面に描かれている案内板。

05_D70_0733.jpg
05 竹門傍そばに設置されている石碑。

06_D70_0736.jpg
06 竹門正面。

07_D70_0742.jpg
07 竹門を過ぎると真っ直ぐな登城道。石畳は往時のものか不明ですが雰囲気があります。右側は足軽長屋跡へ。

08_D70_0762.jpg
08 途中にある大岩と石垣

09_D70_0785.jpg
09 風吹門。門の周りには櫓があったんだろうなと想像膨らませながら登ります。

10_D70_0791.jpg
10 風吹門を外から向かって左側の石垣。立体的な石垣の構図が美しいと思います。

11_D70_0807.jpg
11 大矢倉。城の北側や風吹門の防備のために高い石垣が組まれています。

12_D70_0815.jpg
12 大矢倉の階段を登り上がったところです。

13_D70_0843.jpg
13 大矢倉の石垣最上段。向こう側に天守台が写っています。左下は大矢倉の穴蔵。

14_D70_0849.jpg
14 奥に写っているのは風吹門の石垣。きっと櫓が建てられていたのでしょう。

15_D70_0865.jpg
15 石碑。

16_D70_0868.jpg
16 大門。文字通り城内で最大の門と言われています。

17_D70_0871.jpg
17 大門を抜けると二ノ丸に至ります。中央の石垣の上には朱印状など収める御朱印蔵があったとされています。

18_D70_0877.jpg
18 綿蔵門。本丸に至ります。写真右下わずかに写っているのは二の丸。

19_D70_0876.jpg
19 綿蔵門の説明板。門の二階には真綿を保管していたとのこと。

20_D70_0879.jpg
20 綿蔵門の礎石。苗木城は門の礎石が良好に残っています。礎石があれば、どんな門が建っていたのか想像するのも楽しいものです。

 「苗木城 その2」に続きます

苗木城の場所

最後まで見て頂きありがとございました。

スポンサーサイト
苗木城(岐阜県中津川市) その2 <名古屋勤務シリーズ> | HOME | 加納城(岐阜県岐阜市) <名古屋勤務シリーズ>

COMMENT

寄寓でございますw
おお、貴殿も行かれましたか。
晴天で羨ましい限りです。日頃の行いの悪い我らは生憎の少雨決行・・(笑)

この城は史料館に寄ってから見るか、城址を見てから資料館に寄るかは悩ましいところですネ。あの復元ジオラマをしっかり頭に叩き込んでじっくり城跡を巡るというのも良さそうです。
我らは朝8時から突撃し風吹門を通らずに二の丸方面から攻め立てたので、パンフレットが置いてあることを知ったのは終盤・・(汗)

他の方の視点での記事も参考になりますので、第二話、第三話を楽しみにしておりますw
2017/09/20(水) 07:43:19 | URL | らんまる #- [Edit]
いいですね、苗木城。
元々の石垣がしっかり組まれているので崩落の危険も少なく、安心して登れたりいろんな角度から考察できるのがリアルで楽しい城址ですね。
櫓や門を想像しながら見学されたしんこうさんの興奮ぶりが伝わってきましたよ。
第2弾はともかく、第3弾まであるんですか!?すごいですね!
心して楽しみにしております。


2017/09/20(水) 21:52:04 | URL | 久太郎 #- [Edit]
らんまるさまへ
らんまるさま

こんにちは、訪問頂き感謝です!

この二城は、名古屋城や犬山城よりも楽しみにしていたお城です。想像通りのお城でしたね。
実は時間の都合で資料館はよらずじまいでした^_^;

登城前にジオラマの写真や雑誌のCGで大体の城の外観は把握していったので、想像しながらの登城は楽しいものでした。なので、資料館で把握してからのほうがいいかもですね。

今週末、仕事がなく天気だったら、三河・大給城、足助方面に行こうかと思案中です^_^;

2017/09/20(水) 22:11:18 | URL | しんこう #- [Edit]
久太郎さまへ
久太郎さま

こんにちは、いつも訪問ありがとうございます!

そうですね、確かに石垣はしっかりしていて、危険はまったく感じませんでしたね。
おっしゃる通り興奮しきりでした^_^; 竹門の石積みから興奮MAXです。

苗木城は三回シリーズで写真は約60枚ですが、本当はもっと沢山紹介したいところなんです。

資料館は時間の都合でいかなかったので、次回は資料館と併せて、再登城したいところです。

2017/09/20(水) 22:25:32 | URL | しんこう #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲