苗木城(岐阜県中津川市) その3 <名古屋勤務シリーズ> 

こんにちは、長崎から名古屋に来て大体3か月。休日出勤の無い週末は土曜日にお出かけ、日曜日は休養日といったリズムが定着しつつあります。

で、名古屋の方と話してたら「関宿は、いいよぉ~」とのことでしたので、昨日土曜日は三重県伊賀・亀山方面におでかけしてきました。関宿はもちろん、伊賀市の伊賀上野城、亀山市の鹿伏兎城(かぶとじょう)と関宿近くの新所城(しんじょじょう)に登城。新所城は毎度の事前調査不足で1/3程度しか鑑賞できず、正法寺山荘と併せてまた来なければ。

さて、苗木城の最終回は本丸を降り、二ノ丸から本丸直下を一周して、駈門、北門を鑑賞して下山します。

01_D70_1042.jpg
01 本丸を降り二の丸を散策します。写真は的場跡。本丸直下にもありましたが、二の丸にも設けられていたようです。
また、二ノ丸には御殿が建っていたのですが、どういうわけか見逃してしまったようで残念!

02_D70_1068.jpg
02 不明門。二階建ての門が建っていたようで、普段は締め切られていたようです。

03_D70_1073.jpg
03 不明門を外から眺めたところです。幅が狭いです。不明門から外に続く道は藪化してよくわかりませんでした。

04_D70_1084.jpg
04 八大竜王社。隣の巨石が気になります。八大竜王社は往時のものでなく、明治以降に移設されたものとのこと。すぐ近くに清水門があります。

05_D70_1098.jpg
05 本丸下をぐるりと一周します。八大竜王社を更に進むと、階段状の石積がみられます。おそらく倉庫代わりの櫓が建てられていたものと思われます。

06_D70_1127.jpg
06 牢屋跡。写真05の場所からぐるりと牢屋跡までいけそうだったのですが、よくわからず、一旦本丸直下の的場跡へ出て、牢屋跡に至ります。写真の岩の上に建てられていたとのこと。

07_D70_1126.jpg
07 苗木城唯一の牢屋で、明治初年に起きた苗木藩の政争で多くの武士が収監されたようです。


08_D70_1139.jpg
08 駈門。かける門と読むようで最初は読めませんでした^^; 意味を調べてみると、「馬にむちをあてて走らせる」ということなので、急ぎの時には、この門から馬を走らせたのでしょうか。見ての通り桝形の立派な門です。この門が大手ではないかと思わせます。

09_D70_1138.jpg
09 駈門の石垣。崩れていますが、往時は立派な櫓門が設けられていたと思います。

10_D70_1153.jpg
10 駈門を外から眺めてみました。城下町は風吹門の方向なので、大手は風吹門だと思うのですが、それにしても立派な門です。


11_D70_1162.jpg
11 駈門を下ると竹門があります。この竹門を通らず、右折して北門からも入城できるようです。

12_D70_1157.jpg
12 竹門は二か所目です。門が竹で作られていたようです。

13_D70_1160.jpg
13 礎石も残されています。北門へ向かいます。

14_D70_1176.jpg
14 北門を外から眺めてみました。

15_D70_1179.jpg
15 北門。

16_D70_1180.jpg
16 風吹門からみて北側にあったので北門らしいです。城全体から見ても北側に位置しています。絵図の通り簡素な作りで、門番はいなかったようです。この北門を抜けても風吹門が待っているので、門番は不要だったようです。


17_D70_1190.jpg
17 北門を過ぎると、大矢倉下に至ります。大矢倉の石垣で苗木城はお別れです。

18_P9023389.jpg
18 帰りは苗木バス停からバスで中津川駅に戻ります。苗木バス停は苗木遠山史料館から歩いて20分程度です。途中城下町を通るので、古い建物も鑑賞しながらバス停に向かうと良いと思います。中津川駅行きのバスは概ね30分から1時間半に1本程度です。15分程度で中津川駅に着き、料金は390円でした。苗木バス停を地図に記載しておきましたのでご参考にされてください。

19_D70_1195.jpg
19 苗木遠山史料館から苗木バス停までに古い建物が見られます。なまこ壁の蔵ですが、江戸後期以降の建築でしょうね。

20_D70_1196.jpg
20 説明板によると、「旧苗木藩主遠山家の近代の屋敷です。明治以降、遠山家は華族として東京へ移られましたが、明治二十二年に苗木に戻られました。その後は、旧家臣らの助力を得て、明治末~大正元年に建築されたものです。」とあります。

苗木城の場所

最後まで見て頂きありがとうございました。
次回は岩村城の予定です。

スポンサーサイト
| HOME | 苗木城(岐阜県中津川市) その2 <名古屋勤務シリーズ>

COMMENT

もはや苗木城マスターですね。
全3編を興味深く読ませていただきました。
私も大変参考にまりました。
しんこうさんはよほどこの苗木城が気に入ってくださったようですね。地元人として本当に嬉しいです。カメラアングルがちょっと違ったところからフォーカスされている点も惹かれましたね~。座布団3枚です~。(笑)
しんこうさんにとっていつまでも記憶に残る城であってくれれば、と思います。

お礼といっては何もできませんので、久太郎、次回の記事では遠山氏が苗木城を高森城、と呼んでいたころの旧居城を掲載し、併せて深めて頂きたい、と思っております。

岩村城も楽しみにしておりますので、またちょくちょく寄らせていただきますね。
2017/10/09(月) 23:51:13 | URL | 久太郎より #- [Edit]
久太郎さまへ
久太郎さまへ
こんにちは!いつも訪問ありがとうございます。

念願の苗木城。コンパクトに遺構がギュっと詰まった予想以上に面白いお城でした。苗木城は3回シリーズでしたが、次のお城の紹介がなかなかできずに、嬉しいやら悲しいやら複雑な心境です^_^;
楽しみにしていたお城にこんなに早く登城してしまって、食べ物に例えると、おいしいものから食べてしまったので、後が心配なのです^_^;

久太郎さんのブログのように、丁寧に投稿してませんが、懲りずに訪問頂けると嬉しいです。

高森城というのは、苗木城築城前の古いお城なのでしょうか?興味深いので楽しみにしています!

ありがとうございました。

2017/10/10(火) 23:52:05 | URL | しんこう #- [Edit]
しんこうさまへ
こんにちは。
な・な・なんと!私は3ヶ月もブログを開いてなかったようで、
しんこうさんの名古屋転勤を知らずにおりましたm(_ _)mスミマセン
しかしながら、大好きなお城もたくさんあるし
楽しそうに過ごされてる感じがすっごく出てます~(*´∀`*)

ところで、キャンプ道具は持ってってないんですか?
YouTubeで出てくるキャンプ場がたくさんあるのではないかと・・・羨ましいです(笑)

寒くなってきましたので、体調にも気をつけながら
名古屋ライフを存分に楽しまれてくださいね♪
2017/10/20(金) 09:56:55 | URL | しんかなまま #QxpOF//g [Edit]
しんかなままさまへ
ども、こんにちは、
ご無沙汰してます(^_^)コメントありがとうございます。

そうなんですよ、7月ぐらいから名古屋で仕事してます。長崎に帰れそうな仕事の状況でもなく、いままでメシの後片付けと洗濯(雨なのに)してました(^_^;
ブログはちょくちょく拝見させて頂いていて、石鎚山スゲーって思ってました。

はい、名古屋は僕の趣味的には実に天国みたいなところですね。名古屋から四方に行けるので、(長崎は西側か北側ぐらいにしかいけません)なんだか解き放たれた感じです(ちょっと頭おかしいかもです)。それと、戦国時代の中心地だし。

キャンプは7月にいつもの友人と二人で行ったきりですね。キャンプ道具は名古屋でやる人がいれば持ってこようとも考えていますが、今持ってきているのは山道具ぐらいですね。

お心遣いありがとうございます、しんかなままさまも、お体にお気をつけ下さい。
2017/10/21(土) 20:05:17 | URL | しんこう #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳目前のオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲