FC2ブログ

大給城(愛知県豊田市)その1 ~名古屋勤務シリーズ~ 

こんにちは、先週末から更に寒くなりましたね。週末もすっきりした天気にならずお出かけもままならない感じですが、今日は岐阜基地航空祭に会社の仲間とでかけてきました。4年ぶりのブルーインパルスの飛行とのことでした。写真も少しだけアップさせて頂きます。

さて航空祭はさておき、今回は愛知県豊田市の大給城のご紹介です。大給って「おぎゅう」って読みます。最初は読めませんでした^_^; 
大給城は大給松平氏の居城で、付近には松平城や松平氏館など、徳川家ゆかりの遺構数多くあり、以前からこの地域は訪問してみたいと思っていました。中でも大給城は、深い空堀に多数の石積に巨大な取水施設がありぜひとも登城したお城のひとつでした。
案の定見どころ一杯でしたので、二回シリーズでのご紹介となります。よろしければご鑑賞下さい。

大給城は、もと土豪長坂新左衛門の城であったが、岩津(岡崎市)に進出した松平宗家三代の信光が攻略し、三男親忠(松平宗家四代)に与えた。親忠は細川城(岡崎市)とともにこれを次男乗元に譲り、乗元が大給松平氏の初代となった。大給松平二代乗正は永正七年(1510年)までに城の大修築を行った。以後、乗勝、親乗、真乗、と続き、天正十八年(1590年)六代家乗のとき徳川家康の関東への国変えに伴って上野国(現群馬県)に移り、大給城は廃城となった。(案内板より、豊田市教育委員会)

01_D70_1968.jpg 
01 登城口から歩いて数分のところに駐車場があります。3,4台ぐらいしか停めれなかったと思います。

02_D70_1972.jpg
02 道路脇に登城口があります。案内板もあって迷うことはなさそうです。

03_D70_1978.jpg
03 気持ちのいい登城道を進みます。

04_D70_1979.jpg
04 しばらく登ると分かれ道。左に行くと大給城。右に行くと松平乗元の墓へ。松平乗元の墓へはすぐなので行ってみることに。

05_D70_1981.jpg
05 右が今登ってきた道。左奥が松平乗元の墓です。

06_D70_1987.jpg
06 松平乗元の墓

07_D70_1989.jpg
07 門扉には三つ葉葵

08_D70_1999.jpg
08 松平乗元の墓を後にして、大給城へ。正面に虎口。左に石碑と空堀が見えます。

09_D70_1997.jpg
09 縄張り図

10_D70_2002.jpg
10 空堀

11_D70_2009.jpg
11 空堀の石積み

12_D70_2023.jpg
12 写真8の正面虎口を左に折れたところです。かなり埋まっていますが往時は門が設えていたと思われます。

13_D70_2030.jpg
13 写真12の虎口を入り振り返ったところです。右奥の土塁上には櫓があったとのこと。

14_D70_2037.jpg
14 写真13の櫓台から虎口を見下ろしたところです。

15_D70_2042.jpg
15 虎口を過ぎるとすぐ右に、主郭東に一段下がった2郭の虎口が現れます。この虎口に折れはないようです。

16_D70_2059.jpg
16 2郭の様子。土塁は明瞭に残されています。

17_D70_2061.jpg
17 2郭東側の土塁の様子。

18_D70_2104.jpg
18 2郭を後にして取水施設と考えられている水の手曲輪へ向かいます。途中、大給城東端にある帯郭を進むと、石積みの残る土塁にぶつかります。帯郭の移動を遮る目的なのでしょうか。このような遮断物はあんまりみたことがないです。

19_D70_2107.jpg
19 18の土塁手前には堀切も作られていて、遮断効果を高めています。

20_D70_2115.jpg
20 更に進むと水の手曲輪は直ぐですが、途中にも石積を残す土塁などが残されていて興味は尽きません。

<おまけ>岐阜基地航空祭

21_D70_7776.jpg

22_D70_7788.jpg23_D70_7800.jpg

24_D70_7804.jpg
エアロバティック・パイロット室屋義秀氏のエクストラ300

25_D70_7901.jpg


26_D70_8004.jpg
ブルーインパルス

大給城の場所・駐車場・登城口


最後見て頂きありがとうございました。

スポンサーサイト
大給城(愛知県豊田市)その2 ~名古屋勤務シリーズ~ | HOME | 岩村城(岐阜県恵那市) ~名古屋勤務シリーズ~

COMMENT

城址と戦闘機のコラボがいいですね。
大給城では近年、岩肌にビギナーのロッククライマーさんたちがたくさん練習?していて、びっくりしました。
マットやロープを背負った方々が城址内をウロウロしているのはなんだか落ち着きませんでしたね。(笑)
むやみやたらにペグを打ち込んでくれないことを願いますが、ま、そのくらいの常識はありますよね・・。

航空祭に行かれたんですね、やっぱり間近でみるとカッコいいですね。爆音もすごいですよね。
私は各務原が近い方なのでよく遠くで飛んでいるのを見かけますし、お友達に物干し竿のようなレンズを買って撮ってるイカレ野郎(笑)もいますよ。(何十万すんだ、そのレンズって)

2017/12/11(月) 22:35:01 | URL | 久太郎より #- [Edit]
久太郎さまへ
こんにちは(^^)
いつもコメントありがとうございます!
大給城、期待通りの遺構が良好に残るお城でした(^^)
クライミングができるお城なんて初耳です。普通の人は山城の土塁や堀の識別は難しいと思うので、大切な遺構を壊さないように願いたいですね。
航空祭はなかなかタイミングが合わないので、めったに行かないのですが、今回は会社の同僚も行きたいというので3人で行ってきました。
僕の望遠レンズはしょぼいので、この程度の写真が限界です(^^;
名古屋勤務も1月一杯で終了。2月から長崎に戻ることになりそうなので、お城めぐりも追い込みです(^^;

2017/12/13(水) 21:21:06 | URL | #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳過ぎのオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲