FC2ブログ

和歌山城(和歌山県) 

こんにちは、お盆休みは関西へ家族旅行に行ってきました。


仕事柄先々の予定が立てにくく、出発前日にJRとホテルを予約してみましたが、予想外に空いていました。お盆でも地方から関西方面は人の流れがそれ程多くないようです。


家族旅行中でも気になるのはお城のこと(かなり病的)。かみさんも子供達もお城には一切興味が無いので、家族旅行の最中にお父さんだけお城に行くわけにはいかないのですが、なんとか時間を作って和歌山城と大阪城に登城してきました。


和歌山城はご存じの通り御三家・紀州徳川家代々の居城です。天正13年(1585年)羽柴秀吉が弟の秀長に命じて虎伏山に築城したのが始まりとされています。



①P8136471

①南海電鉄・和歌山市駅から歩くこと約20分、吹上口に到着。


②P8136469

②案内板。あちらこちらに案内板が設置されていますが、往時の状況を描いた左上の挿絵がイメージを膨らませてくれます。


③P8136505

③砂の丸跡の石垣


④P8136511

④追廻門。 砂の丸に入るための城の西側に設けられた門です。表からは分かりにくいですが高麗門形式で、戦災でも焼け残った貴重な門跡です。


⑤P8136528

⑤鶴の渓(つるのたに)と呼ばれている、砂の丸から二の丸へ通ずる道です。右の石垣は傾斜が緩やかですね、僕でも登れそうです。


⑥P8136533

⑥二の丸と西の丸を繋ぐ廊下橋。御橋廊下と呼ばれています。この橋は通ることができます。


⑦P8136607
⑦裏坂付近

⑧P8136637
⑧天守閣。本丸御殿跡から撮影。

⑨P8136661
⑨天守閣内から撮影。

⑩P8136672
⑩和歌山市内の景色。天守閣から西側を撮影してみました。

⑪P8136686
⑪埋門。勝手口のようなものでしょう。

⑫P8136688
⑫天守閣に天守石垣を入れて撮影してみました。

⑬P8136690
⑬天守曲輪と本丸との間の谷部へ降りる途中の石垣。

⑭P8136693
⑭松の丸跡方面へ下る途中からの撮影。

⑮P8136732
⑮岡口門。追廻門と同様戦災でも焼け残っています。

⑯P8136739
⑯城の東側には雁木がよく残っています。

⑰P8136749
⑰一中門。和歌山城は多様な石垣が鑑賞できますが、一中門はきれいな切込接で積まれています。

⑱P8136761
⑱JR和歌山駅から東へ歩いて10分程のところに太田城跡があります。この太田城は日本三大水攻めの一つだそうです。勉強不足で知りませんでした。残り二つは秀吉の中国大返しの高松城とのぼうの城の忍城。

⑲P8136763
⑲現在、城跡の一部に玄通寺が建てられています。

⑳P8136764
⑳ほぼ宅地化され、あまり遺構は残っていないようです。

場 所


最後まで見て頂きありがとうございました!

スポンサーサイト
高取城 ②(奈良県)~思い出の名古屋勤務シリーズ~ | HOME | 高取城 ①(奈良県)~思い出の名古屋勤務シリーズ~

COMMENT

久太郎より
家族旅行でついでに城めぐりもできて良かったですね。しんこうさんの城めぐりでは、目の付け所が非常に個性的で、いつも楽しく拝見させていただいております。
写真の構図もいいですね。勉強になります。
⑧番や⑭番の写真なんかは絵ハガキとして発売しても十分なんじゃないでしょうか?

・・あまりお褒めしてもいけませんかね。。

さて、私もこの正月に和歌山城や太田城にも寄りました。
しんこうさんの和歌山城の記事を読んでは
「え?、そんなところもあったのか!」
と見落としていたところがたくさんありました。広い城域なのでじっくり見学すればいろいろな見所があるんだな~と思いました。

ご家族の方々も少しは城のこと、好きになったのではないでしょうか?
2018/08/23(木) 18:31:26 | URL | しんこうさんへ #- [Edit]
いつもコメントありがとうございます!
久太郎さんへ

こんにちは!いつもコメントありがとうございます。また、お褒めのコメントも頂いて感謝です!

今回の家族旅行は予約も前日にしたぐらいなので、ほぼノープラン、USJは行けるはずもなく、行きの電車の中で決めました。かみさんと子供たちが1日はショッピングしたいというので、そりゃ仕方ないということで止む無く(^_^;おとうさんは別行動で和歌山城と大阪城に行ってきました。あくまで止む無くで(^_^;

僕は貧乏性なので、訪城の際はあとで後悔しないように出来るだけくまなく回るうえに写真を沢山撮ります。多い日だと1日千枚を超えることもあるので、その中に2、3枚はいい写真があるのかもしれませんね。それと、あまり読者のことを考えて写真選びをしておらず、完全に自分本位で写真を選んでいるので、ちょっと変わっている(個性的?)のかもしれませんね。その写真に共感して頂くことは、本当に嬉しい限りです。

今後もたぶん変わらず、ちょっと変わった写真を投稿すると思いますが、末永くお付き合い頂けると嬉しく思います。ありがとうございました。

そういえば、今年も可児市の「山城に行こう!」イベント開催されるようですね。たぶん今回も豪華ゲストだと思うので、ぜひ行きたいのですが、難しいかなぁと考えています。
2018/08/24(金) 12:39:01 | URL | しんこう #J/Gvy812 [Edit]
またまたコメントしてしまいすみません。
しんこうさんの写真へのの思い入れを感じたコメント、大変参考になりました。
私も意識して沢山の写真を撮っていきたいと思います。
ありがとうございました!

・・さて、

今回はしんこうさん、名古屋から離れてしまわれたので、やはり難しいでしょうかね・・。

私は可児市は近くなので(仕事でも2日置きに通ります)、山城フェスには丸一日ともう半日くらい、どこかで行けるように段取りしたいと思っています。

でも・・もし、もしもイベント期間中に「人間無骨」の異名獲得にチャレンジされるのであれば、わたくしめが喜んで車を回しまくるので、その時は是非お手伝いさせてくだい。
店閉めしてでもご案内いたします故、
・・あ、もし、のお話しですのでご無理されないように。

2018/08/25(土) 20:46:59 | URL | しんこうさんへ #- [Edit]
城フェス
久太郎さん

こんにちは♪

久太郎さんのように、岐阜県から九州を渡って
国境の島対馬までいく行動力と決断力があれば、長崎→岐阜ぐらいどおってことないのですが、なかなか踏み切れないというか....(汗)

ただ、前回のイベントが雨にも関わらず相当楽しめたので、悩みますよね。
西の端長崎では、なかなか生で昇太師匠や中井・加藤両先生を拝むことはぼぼ無理かと。
城めぐりも雨にも関わらず思い出に残る城ばかりで、このコメント欄では語りつくすことができません。ガイドさんらから頂いた木を輪切りにしたコースター?もかみさんから捨てられないように大事に飾っております(^ ^;

それと、その前に全国山城サミットが岐阜県より近い、島根県の月山富田城を舞台に開催されるようで、こちらも行きたいなぁ~と思っているところなのです。

もし、可児市のイベントに参加できるようであれば、人間無骨はともかく、まずは、久太郎さんと是非ともお会いしたいと思います。
2018/08/26(日) 13:43:22 | URL | しんこう #J/Gvy812 [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08« 2018/09 »10

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳過ぎのオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲