FC2ブログ

高取城 ②(奈良県)~思い出の名古屋勤務シリーズ~ 

こんにちは
西日本豪雨の記憶も残る中で、台風21号、北海道地震が続きもう言葉になりません。
本当に被災地の一刻も早い復旧を願わずにはいられません。

さて、思い出の名古屋勤務シリーズは高取城の第二回(最終回)です。
最終回は本丸の石垣を鑑賞したを後、大手門を通り、二の門跡方面へ下っていきます。


01_D70_9629.jpg
① 本丸北東の石垣。北東側は虎口があるので、複雑に積まれている石垣を鑑賞できます。

02_D70_9631.jpg
② ①の写真を少々アングルを変え虎口正面を撮影してみました。

03_D70_9633.jpg
③ 本丸北東隅の石垣。手前の石垣は継いでいるんですかね。各所で継いだ石垣が見られます。

04_D70_9647.jpg
④ 本丸南側の石垣。この石垣はややカーブしています。

05_D70_9674.jpg 
⑤ 十五間多門跡。

06_D70_9727.jpg
⑥ 奥に十三間多門跡、手前は大手門跡です。お互い真っ直ぐではなく筋違いになっていますね。守り固いです。

07_D70_9747.jpg
⑦ 大手門跡です。二の門跡方面へ向かう前に壺坂口門跡を鑑賞するため写真右側へ移動します。

08_D70_9744.jpg
⑧ 写真⑦の中央左にこの写真が立てられています。往時はこの山の中に天守に櫓、櫓門などが林立していたんですね。スゴイです。

09_D70_9755.jpg
⑨ 壺坂口門跡です。写真右は壺坂口郭です。大手門跡へ戻ります。

10_D70_9766.jpg
⑩ 大手門跡に戻り二の門方面へしばらく歩くと千早門跡

11_D70_9774.jpg
⑪ 続いて宇陀門跡

12_D70_9781.jpg
⑫ 最後に松ノ門跡。この門はかなり崩れていますね。車を二の丸下に止めているので、このあたりで引き返します。

縄張り図と解説
takatori_map1.jpg
※高取城の案内板を掲載させて頂いております。

場 所


おまけ
たくさんある奈良の史跡の中で前回は石舞台古墳を紹介しましたが、今回は高松塚古墳と酒船石遺跡を紹介します。

13_D70_0113.jpg
高松塚古墳。7世紀末から8世紀初めにかけて造られたとされています。この古墳を有名にしたのが石室内に描かれた色鮮やかな男女の姿です。たしか教科書にも載っていたのでは。

14_D70_0123.jpg
残念ながら石室内に描かれた壁画は現在修復中のためこの場所にはありません、ただ、レプリカがこの高松塚壁画館に飾られていますので来られた方はご鑑賞ください。


15_D70_0077.jpg
続いて、酒船石遺跡。この遺跡は日本書紀に記載が見られると考えられており、盛土された人工の丘陵地に加えて、酒船石や亀形石造物を含めた遺跡とされています。


16_D70_0085.jpg
酒船石は、現状長さ5.5m、幅2.3m、厚さ約1m、花崗岩で出来ている。一部欠損がみられる。酒をしぼるための槽、油や薬を造るための道具、または庭園の施設など目的は明らかになっていない。この写真はなにかを図案化しているようにも思うのですが、興味深いですね。

17_D70_0080.jpg
城の石垣を割るための矢穴の跡が見えますね。高取城の築城時に石垣の石材として用いられたともいわれています。

最後まで見て頂きありがとうございました。
スポンサーサイト
采女城 ①(三重県)~思い出の名古屋勤務シリーズ~ | HOME | 和歌山城(和歌山県)

COMMENT

高取城は紅葉シーズンに行きたいです!
こんばんわ、久太郎です。
高取城の主郭部の写真はすっごい迫力がありますね。カーブを描いた石垣など、知らない隠れた見所を紹介していただきありがとうございました。

私もほぼ同じルートで飛鳥の里を見学しましたよ。レンタルサイクルを借りましたね~、懐かしかったです。万葉集等の関連史跡もたくさんあってまた行きたいと思ってしまいました。
2018/09/12(水) 21:56:54 | URL | しんこうさんへ #- [Edit]
万葉のロマン
久太郎さん

こんにちは!いつもコメントありがとうございます。

高取城の石垣は素晴らしかったです!もともと山城とはいえ近世城郭でしょうから、高石垣から勝手口のような石垣まで満喫させてもらいました♪
写真は大体、広角レンズ(10mm-20mm)を付けた一眼レフで撮影していますが、あんまり写真に詳しくない僕でも、なんとなく迫力のある(ように見える)写真はとれるものなのです(^^;

奈良は史跡の宝庫ですが、京都のような華やかさはないものの、古代の神秘的でロマンを感じさせます。まだ、飛鳥寺など、まだぜんぜん行けてないですが、機会があれば巡ってみたいです!

2018/09/13(木) 10:49:21 | URL | しんこう #J/Gvy812 [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10« 2018/11 »12

プロフィール

しんこう

Author:しんこう
しんこうといいます。長崎市在住の50歳過ぎのオヤジです。かみさんと子供2人の4人家族です。よろしくお願いいたします。趣味の山登り、城や地元長崎の様子などについて発信させて頂きます。この屋根瓦は倉敷を訪れた際に、色の組み合わせが綺麗だなぁと思って撮影したものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲